« 伊勢志摩サミット | トップページ | ブルーベリー初収穫 »

2016年5月27日 (金)

サミット二日目

サミットの間はサミットネタで行こう。
うちのSummit(SH)はこれ。せっかくなのでOzarkblue(SH)も載せてみた。

Bbsummitozarkzoom

下の8号鉢がSummit、上に載っている5号鉢がOzarkblueである。
SummitもOzarkblueも共に、G144×F14-76という交配だ。こっちはG144、G7なんて目じゃない。

Ozarkblue(SH)はパテント品種で、大関ナーセリーやオーシャン貿易など、限られた業者からしか入手できないし、1本単位では購入できないことになっている。
だが園芸通販のメールマガジンや、カタログのスポット販売で、たまに販売されることがある。
花のサカタでは養成株(ようするに大株)を50株だけ販売していたことがあったし、国華園でも限定数(300本程度)をバラ売りしていたことがある。
商品タグに通し番号が付いていて、いくつ販売されたかわかるようになっている。

誓約書を交わさずに購入した品種は、譲渡しなければ増殖自由なはず。
ひ弱なOzarkblueは接ぎ木で維持しようと思っている。

« 伊勢志摩サミット | トップページ | ブルーベリー初収穫 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

譲渡はダメなんでしょうか?

増殖するなら譲渡はダメでしょ。
無償ならセーフだと言う人もいますが、間違っていると思います。

何も契約を交わしてないのに、
財産権が制限されるというのもおかしいと思いますが。

たとえば買ったDVDをコピーして配布したらダメでしょ。

それは著作権や、それに係る著作権法の話しではないですか??

そうだけど?

植物の品種にも著作権法が適用されるのですか??

適用されませんが、植物だと育成者権というものが存在します。

育成者権は、著作権のようにその対象物を作った段階で権利が発生するのでしょうか?
それとも特許権のように申請しなければ、権利が発生しないのでしょうか?

私が認識している限りでは、後者のように申請がなければ権利が発生しないと
種苗法に規定があると認識しております。
ですので、まずDVDのコピーと同列に語るのは間違ってますよね。

では、オザークブルーは”日本で”品種登録されているのでしょうか??

育成者権というのは意味を伝える用語であって、法律用語ではないと思いますが、その権利を主張するためには、特許のように品種登録が必要です。
植物は増殖という形でコピーが作れます。それでDVDにたとえました。
Ozarkblueは日本でも品種登録されていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/65642286

この記事へのトラックバック一覧です: サミット二日目:

« 伊勢志摩サミット | トップページ | ブルーベリー初収穫 »

最近のトラックバック