« トスカーナバイオレット最強 | トップページ | 文鳥香 »

2016年5月13日 (金)

早生タマネギ収穫2016

日本の古典園芸の一つ、観音竹を育てている。観音竹はヤシの仲間で、本来は2m以上の大きさに育つ。
古典園芸では、それを苦労して小さく育て、趣のある鉢に植えてその風情を愛でるのである。
本来大きくなる植物を小さく育てるには技術が必要である。

私にかかれば、大きく育つタマネギでさえ、こんなに小さく育てられる。そう。私はタマネギを大きくならないように育てたのである。

Onoongood

それに対して、隣の畑のタマネギはとても立派だ。

Onionbad

母は冬の間ずっと、立派なタマネギと私のタマネギを見比べてため息をついていた。
だがその立派なタマネギは、すべての株が抽苔している。抽苔したタマネギには、硬い花茎が入っているから倒れない。保存も効かないし品質も悪い。

私が育てたタマネギは小さいが抽苔もしていないし、軒下に吊るしておけば夏まで食べられるだろう。掘り上げるとこんな感じだ。

Onooncrop Onionsize

売り物にするにはちょっと小さいが、小さいから吊るすのも楽だ。

嫁「小さいから皮をむくのが大変…」

すみません。

« トスカーナバイオレット最強 | トップページ | 文鳥香 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/65594209

この記事へのトラックバック一覧です: 早生タマネギ収穫2016:

« トスカーナバイオレット最強 | トップページ | 文鳥香 »

最近のトラックバック