« 輸入中 | トップページ | 狩猟免許2016 »

2016年4月 8日 (金)

スイセンの分離

私が借りている畑には、地主さんがたくさんの花を植えていた。
それらを捨てるのはしのびないので、掘り上げてヤフオクで処分している。これがなかなか大変なのだ。
アヤメやシラン、ハンゲショウ、アマドコロなどは、量的な問題で苦労するが、ある程度は売れる。
スイセンやハナショウブ、シャクヤクなどは厄介だ。
花を見ずに買ってくれる人はいないから、処分するには品種ごとに分離しないといけない。
何年も植え替えを繰り返して、品種を分離していく。
この写真2枚は、同じ列だが、よく見ると2本だけ異品種が混じっていた。

Suisenmix2long Suisenmix2zoom

最初は日本水仙とラッパ水仙を分離し、昨年からペーパーホワイトを分離している。
その作業中に10倍くらいに増えてしまうがしかたがない。
異品種にはビニールテープを巻いておき、掘り上げる時に区別している。

Suisenmix1 Suisenmix3

ご覧の通り、あと少しで完全に分離できそうだ。
毎年、スイセンの球根を500球以上売りさばいているというのに、ぜんぜん減らないんだよね。

« 輸入中 | トップページ | 狩猟免許2016 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/64946969

この記事へのトラックバック一覧です: スイセンの分離:

« 輸入中 | トップページ | 狩猟免許2016 »

最近のトラックバック