« シンク探し | トップページ | ピコピコゲーム »

2016年1月31日 (日)

文旦2016

地球温暖化が進んでいる。昔は甘夏でさえ、早期収穫して、貯蔵してから食べていた。
今は樹上で甘くなるまでほっておける。
文旦やグレープフルーツ、ネーブルなどは難しい。だがこれも早めに収穫し、貯蔵して食べるなら栽培できることがわかった。
貯蔵してあった文旦をこの時期に出してきて、暖かい部屋に半月ほど置いてから食べる。

Buntan2016

貯蔵した文旦は、樹上完熟には勝てないが、そこそこおいしい。
木の負担が少ないため、収穫も多いようだ。
文旦はまず品種不明のこいいつを食べて、それが終わるとメイポメロという品種が登場する。

« シンク探し | トップページ | ピコピコゲーム »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/63911813

この記事へのトラックバック一覧です: 文旦2016:

« シンク探し | トップページ | ピコピコゲーム »

最近のトラックバック