« デジカメ物色中 | トップページ | スイングバイ »

2015年12月 2日 (水)

WiFiなSDC

デジカメをWiFiで接続するためには、WiFi内蔵のデジカメを購入するか、あるいはWiFiに接続できるSDC(SDカード)を使えばいい。
WiFiに接続できるSDCは、日本だと先行したEye-Fiと、東芝のFlashAirとが有名である。FlashAirは専用ソフトを使って、写真ごとに転送(公開)するかどうか指定する。

それに対して、EyeFiはSDCの中身を丸ごと転送(公開)するイメージだ。撮影の合間にも次々に写真がパソコンに転送され、そのままスライドに映すことができる。
価格は8GBで2,500円ほど。あと数百円出せば16GBにできる。

中国ではezShareという商品をよく見かける。ezShareは中国製だが、値段も安くない。わざわざこんなものを使う価値はないだろう。
個人輸入に慣れている人だと、ezShareにとても安いモデルが見つかるかもしれない。だが、それはきっとMicroSDをWiFiに接続するためのアダプタで、記憶容量は0GBだ。だまされないように注意しよう。

« デジカメ物色中 | トップページ | スイングバイ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/62940722

この記事へのトラックバック一覧です: WiFiなSDC:

« デジカメ物色中 | トップページ | スイングバイ »

最近のトラックバック