« EEPROMライタ #2 | トップページ | そういえば年賀状 »

2015年12月25日 (金)

ブレボの配線

ブレッドボードの配線は、何を使うのがいいだろう。普通はジャンプワイヤだが、ジャンプワイヤの空中配線は抜けやすいし、数が増えると見苦しい。
ブレボに密着するよう配線だと、そのまま実機に入れても一カ月くらいは使える。
そんな用途に適した配線は、単線、耐熱、そして銅線の直径が0.5-0.6mmを基準に選ぶといい。

秋月電子だと、これが定番だと思うが、商品の説明がイマイチなのか検索してもなかなかヒットしない。定番はこれかな?
耐熱通信機器用ビニル電線2m×10色 外径0.65mm

これは被覆が厚いため、見た目が太い。それが扱いやすいという人もいるし、不細工だと感じる人もいると思う。
特に短い配線だと見た目が悪いが、ブレボの写真を撮ったときに、配線がわかりやすい。そのままジャンプワイヤとして使うにも便利だ。
ブレボからメカまで配線するには、ちょっとごわついている感じになるが、まあ使える。
基板の裏をハンダで配線するにはまったく適していない。

共立エレショップだと、これがいい。
耐熱絶縁ビニル電線2m×6色というものだ。

私はVcc(赤)とGND(青)だけでいいので、耐熱絶縁ビニル電線10m袋入のKQE0.5mm赤KQE0.5mm青だけを購入して使っている。
被覆が薄いので、ブレボに接するように配線すると美しい。ただし線が細くて、色が暗いので、写真に撮ると配線がわかりづらい。
基板の裏にハンダで配線するのにも適している。
もっとも、私は納品するまでブレボの人だから、ハンダ付けすることはほとんどないないのだが。

いずれの商品もなかなか検索にひっかかって来ないので、こうしてブログに残しておく。

« EEPROMライタ #2 | トップページ | そういえば年賀状 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/63235170

この記事へのトラックバック一覧です: ブレボの配線:

« EEPROMライタ #2 | トップページ | そういえば年賀状 »

最近のトラックバック