« ArduinoでSDC | トップページ | サトウキビ収穫 »

2015年11月26日 (木)

SDロガ

エディターだって、技術者はエディタと呼ぶじゃないか。だったらロガーはおかしいだろ。ロガだな、ロガ。実際、ロガなんて言う奴は見たことがないが、まあいいや。

SDC(SDカード)も制御できるようになったので、何か作ってみよう。丸一日かけて、回路と500行ほどのコードを書いた。
この回路でSDCに対して、ログの記録と、ログの表示ができる。

Sdcardbread Sdcardcircuit

左が全体写真、右はピン配置と合わせるために、SDCを上に向けて裏返してある。

SDC右の小さな基板は、SOPタイプのLED/SWチップである。SOP/DIP変換基板を使ってDIP化したものを搭載した。
SDCアクセス中はこのLEDが点灯する。
このLEDはスイッチも兼ねているから、スイッチを押すことで、SDCアクセスを禁止し、安全にSDCを取り出すことができる。

今時、フルサイズのSDCなんて使うことは少ないと思うし、小型のMicroSDを使う方がコンパクトにまとまる。
だがこのサイズのSDCを使うことで、FlashAirやEyeFiを利用できる。
SDCの代わりにFlashAirを挿入すれば、SDCとして読み書きできることはもちろん、無線LANを通じてPCからファイルを参照できる。

« ArduinoでSDC | トップページ | サトウキビ収穫 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/62756672

この記事へのトラックバック一覧です: SDロガ:

« ArduinoでSDC | トップページ | サトウキビ収穫 »

最近のトラックバック