« ポポーの商標登録 | トップページ | 白菜その後 »

2015年9月17日 (木)

冬どり白菜

タネをまく時期が遅れると、白菜は結球しないことがある。少しでも早くタネをまくことが白菜を栽培するコツだ。
私は失敗しないよう早めにタネをまく。そのせいで年内は白菜食べ放題だが、1-2月になると白菜が育ち過ぎて割れてしまう。
そこで今年は時期を遅らせてタネをまいてみることにした。

手持ちのタネは無双と王将。無双の方が結球しやすいが、遅い時期の収穫を目指すため、あえて王将をまいた。
タネ袋には「一般地帯の冬どり囲い栽培に最適」などと書かれているが、囲い栽培が何なのかよくわからない。
まあ、後で調べればいいや。

いつものように深夜の食卓で、ポリポット90mm×24個分のタネをまいた。

« ポポーの商標登録 | トップページ | 白菜その後 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/61769528

この記事へのトラックバック一覧です: 冬どり白菜:

« ポポーの商標登録 | トップページ | 白菜その後 »

最近のトラックバック