« 親鳥がいない | トップページ | 次の朝 »

2015年9月10日 (木)

焼き鳥さんちの世話

焼き鳥一家のエサを探すため、深夜の水田で、イナゴやコオロギを捕まえてきた。
頭や足、羽根をむしってヒナに与えた。
おなかいっぱいになったのか、ヒナも少し落ち着いたように見える。

Hiyodorihina

お尻を巣の外に突き出して、ぷるんとしたうんちを落としたりしている。まずはひと安心だ。
収穫したトウモロコシをゆでながら、ネットで情報を集めた。

  • エサは虫と果実が半々。
  • 2時間毎にエサを与えること。
  • 10日で巣立ちする。

なんだヒナのうちからベリーを食うのか。だったから簡単な話だ。巣の下にブルーベリーとラズベリーがたくさんある。
ヒナたちの口に、つぶしたブルーベリーを一粒ずつ入れてやった。
我が家にはまだ夏休み中の学生が三人もいるから、交代で面倒を見てもらおう。朝、母鳥が戻って来なければ、室内のケージに取り込む予定だ。

« 親鳥がいない | トップページ | 次の朝 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/61603114

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鳥さんちの世話:

« 親鳥がいない | トップページ | 次の朝 »

最近のトラックバック