« 最後のストライプペポ | トップページ | 日中交雑種 »

2015年9月 7日 (月)

中モ交雑種

果樹の育種には広い土地がいるが、クリだったら手入れもいらないし、畑に植える必要もない。他人の山に植えて放置できるならオススメだ。
クリを植えられた地主だって、雑木よりもクリの方がいいだろう。
そんなわけで、これまた他人の畑で、クリの苗を育てている。

Kuri40010seedling

これはモーパン栗と中国栗との交雑種で、数十本育てている。実生0.5年生だが、すでに半分くらいの木が開花している。

Kuri40010flower 中モ交雑種(F2)

モーパン栗は周年開花性を持っており、親品種の特性を受け継いでいるようだ。
問題は果実の大きさである。
F1で大粒の個体を選抜し、そのセルフ実生のF2だから、そんなに小粒にはならないと思っている。
すべての苗を山に植え、大粒の個体を選抜すればいいだけのこと。

« 最後のストライプペポ | トップページ | 日中交雑種 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/61511477

この記事へのトラックバック一覧です: 中モ交雑種:

« 最後のストライプペポ | トップページ | 日中交雑種 »

最近のトラックバック