« 変わった利平 | トップページ | 鳥さんシリーズ »

2015年9月30日 (水)

使い捨て疑惑

深夜のランニングは1/3kmを1分15秒だった。タイムが落ちた理由は食べ過ぎだと思う。

近頃、ストッウオッチの表示が見にくい。電池が減っているのだろう。
使っているストッウオッチは、TELVA TCE-118/BK。たぶん3台目。
電池を交換するには、まず背面のネジを外す必要がある。小さなネジがなんと6本。

Stopwatchback

背面カバーを外すと、電池がテープで固定されているのが見える。テープをはがすと、さらに小さなネジ3本で電池ホルダーが固定されている。電池ホルダーというか金属片を、精密ドライバで緩めると、ようやく電池を外すことができる。

Stopwatchopen Stopwatchbattelyholder

ボタン電池は、CR2032という型番で、デスクトップPCの中でもよく使われている定番電池だ。
今まで電池よりも先に本体を壊していいたので気付かなかったが、このストップウォッチは使い捨てではないのだろうか。精密ドライバセットを用意している人は多くない。
時計の一種だから、時計店などに持ち込んで、電池交換してもらえばいいのだが、その費用で新しいストップウオッチが買える。
壊したストップウオッチがあったので分解してみた。

Stopwatchdisassembly

このストップウォッチは、資源ゴミとそうでないものを分別しやすいようだ。
この機種は生産が終わり、後継機種が出ている。他社にOEMでも供給されているようだ。ちなみにこれはSPORTS AUTHORITYで買った。

※追記 - アラームの止め方

このストップウォッチは、何かの拍子にアラームがONになることがある。毎晩、時間になるとアラームが鳴るのでうるさい。
解除のしかたは、MODE→ALARM→START/STOPで、ON/OFFできるのでメモ。

« 変わった利平 | トップページ | 鳥さんシリーズ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/61921015

この記事へのトラックバック一覧です: 使い捨て疑惑:

« 変わった利平 | トップページ | 鳥さんシリーズ »

最近のトラックバック