« アタリヤ | トップページ | 冬どり白菜 »

2015年9月16日 (水)

ポポーの商標登録

今年の6月、ポポーの有名品種のほとんどが日本で商標登録された。
登録したのは、ポポーの育種で有名なNeal Petersonである。種苗登録ではなく、商標登録である。
米国でもポポーの登録品種はり多くないし、それらでさえ、商標登録された別の名前で流通している。

  • Rappahannock = Aidfievate(USPP #14453)
  • Shenandoah = Wansevwan(USPP #14452)
  • Susquehanna = Levfiv(USOO #15900)

日本だとデコポンの名で流通しているミカンがあるが、あれだって品種名は不知火(しらぬい)だから、似たようなものだ。
それらのポポーは米国で育種されたが、Allegheny, Potomac, Wabashなどは、米国でも種苗登録されておらず、商標登録されているだけに見える。

話を戻そう。今回、Alleghenyという品種は、Alleghenyとアレゲーニーで登録されている。さらにアレゲニーという名も(561)称呼という欄に記載がある。
これらは種苗登録ではなく、商標登録だから、この名を使って果実を販売することさえできない。
アレジェニーとかアレグヘニーと名乗れば、なんとかなるのだろうか。

こんなこともあろうかと、我が家のポポーは、最初からKSU-Atwoodである。
KSU(ケンタッキー州立大学)の名前が示す通り、この品種はPetersonが育種していないため、商標登録もされていない。

« アタリヤ | トップページ | 冬どり白菜 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/61670620

この記事へのトラックバック一覧です: ポポーの商標登録:

« アタリヤ | トップページ | 冬どり白菜 »

最近のトラックバック