« イナゴの佃煮2015 | トップページ | シソの実の佃煮 »

2015年9月23日 (水)

シソの実収穫

深夜のランニングは、1/3kmを1分19秒。あと1秒速く走る予定だったが、失敗だった。

数年前からミョウガ寿司をよく作るようになった。そのため、畑で大葉(アオジソの葉)を育てるようになった。

ミョウガ寿司→2013年2014年2015年

アオジソはサトイモの陰にひっそりと植えていた。日陰の方が柔らかい葉が食べられるからだ。だが、里芋に覆いかぶさるほど大きく育ち、サトイモの成長を妨げていた。ちゃんと剪定をした方がいい。
アオジソは短日開花性を持つため、秋になると一斉に開花する。気温や天候には無関係で、毎年、同じ時期に、シソの実を収穫することになる。
花穂の先にまだ花が残っているくらいが収穫の適期。
アオジソのタネを採る予定はないので、収穫しながら刈り倒していく。来年はまた、新しいタネを買ってまく予定だ。

Satoimoshiso サトイモとアオジソ

嫁とツノ姉を動員してシソの花穂を収穫し、家に持ち帰ってから、花穂を洗って、花や実をしごき落としたのがこれ。

Shiroseed シソの実

いつもは野良ジソだったが、今年はちゃんと苗を植えて育てた…というか、野良ジソを畑に植え替えて育てた。
畑に5-6株もあれば、毎日、大葉が食べられるし、シソの実が24cmの鍋いっぱい収穫できることがわかった。
毎年、佃煮にしていたのだが、今年はたくさんあるので塩漬けも作る予定だ。

« イナゴの佃煮2015 | トップページ | シソの実の佃煮 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

うちの青じそは柿の木の下にあるので、半日陰っぽくなってます。
元々は種を蒔いてもらったものですが、絶えたと思ってました(^^;
自生し続けてたようで、ラッキーです♪

私は始めてですが、シソの実で佃煮を作ってみようと思ってます。
でも、佃煮にするだけの量が取れるのかわかりません。
もう早々に作らないといけないと思うのですが・・・なかなかで(^^;
今日はすでに雨ですね。

穂の先に花が残っている間に収穫した方がいいですよ。
根元から切って室内に持ち込み、それから穂先だけを切ります。その穂先を水で洗ってから実をしごくと作業がはかどります。
この方が指先も汚れにくいです。

すっかり花が落ちてたので、翌日に慌てて収穫しました。
シソの実というから、花が咲いてからでいいと思ってたんですよ><
まだ種にならず、大丈夫でした・・・ というか、大丈夫なものを摘みました(^^;
無事にシソ昆布ができあがったので、
息子のところにも強引に?おすそ分けしました f(^^;)

育ち過ぎた実はおいしくないのですが、下の方をしごかないようにすれば、少々遅れても大丈夫です。
うちは長女が「まだ作らないのか」とうるさいので、遅れることはありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/61772307

この記事へのトラックバック一覧です: シソの実収穫:

« イナゴの佃煮2015 | トップページ | シソの実の佃煮 »

最近のトラックバック