« 粕漬け屋 | トップページ | 奈良漬け »

2015年8月19日 (水)

トマトピューレ

うちの畑では、ミニトマトがいくらでも採れる。野良トマトの放任栽培は失敗だった。
植え付けは楽だが、通路に伸びた枝がジャマになるし、地面に伸びた枝をかきわけて収穫するのは手間がかかる。来年はやめよう。

Minitomatowild

ミニトマトが山のようにある我が家だが、そんな時に限って、隣の畑の人からミニトマトをもらった。

Minitomatocompare

写真右上の真っ赤なミニトマトがいただき物。すごく甘いし皮も薄い。品種はわからない。ボウルに二つある。
とても甘いので、ハンバーガーと一緒に何十個も食べた。

左下にあるのは、我が家のトスカーナ・バイオレットである。毎日、このボウルに2杯採れる。
食べ切れないので、トマトジュースを作ったことがあるが、見た目が不気味で誰も込んでくれなかった。
しかたがないので、今度はトマトピューレを作ることにした。作り方はこんな感じ。

  • 洗ってヘタを取り除く。
  • よくゆでて、ザルに上げる。ゆで汁も残しておく。
  • ミキサーにかける。
  • ザルの上で裏ごしして完成。

何度も作る場合は、同じゆで汁を何度も使い回すといい。
トマトピューレはプラ容器で凍らせて板状にした後、ビニール袋に入れ替えて保存している。

絞りカスにはまだトマトの果肉が残っている。それに、ゆで汁にもトマトの味が出ている。
そこで絞りカスに再びゆで汁を加え、もう一度裏ごししてトマトスープを得る。
こちらは冷凍するほどでもないので、カレーやインスタントラーメンなど、テキトーな用途に使うといい。

« 粕漬け屋 | トップページ | 奈良漬け »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/61267870

この記事へのトラックバック一覧です: トマトピューレ:

« 粕漬け屋 | トップページ | 奈良漬け »

最近のトラックバック