« 無限ひこばえ | トップページ | 16時間労働 »

2015年7月 8日 (水)

Vernon(RE)

大関ナーセリーのTitan(RE)はラビットアイにしては大粒だというが、どれくらいのものなのか。
まさかすべてが500円玉サイズとはいかないだろうから、せいぜい100円玉くらいだろうか。
裂果するというのは厄介だが、Savory(RE)、Vernon(RE)、Maru(RE)より大粒なら、軒下で育ててもいい。

Bbvernoncluster Vernon(RE)

写真はVernonだが、50円玉くらいかなあ。

見ての通り、Vernonは果柄が長く、収穫しやすいという特長を持っている。以前はどうでもいい特長だと思っていたが、完熟果を見分けやすいという利点もあった。
味はSavory>Vernon>Maru、サイズはVernon>Savory>Maruだと思う。

« 無限ひこばえ | トップページ | 16時間労働 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/60707612

この記事へのトラックバック一覧です: Vernon(RE):

« 無限ひこばえ | トップページ | 16時間労働 »

最近のトラックバック