« コシヒカリ出穂 | トップページ | クマゼミさん »

2015年7月22日 (水)

カナブンジュース

コガネムシの幼虫は、畑の大害虫である。鉢植えだと根の逃げ場がないため、コガネムシの幼虫だけで、植物が枯れることがある。
コガネムシに似た昆虫はたくさんいるが、カナブンの仲間は害虫ではない。またカナブン同様、顔が四角いシロテンハナムグリもカナブンの仲間だから害虫ではない。

しかしそのカナブンがブルーベリーを食べていることがある。
彼らは裂果した果実の汁を吸っているだけで害はない。だががっしりと果房にしがみついているから、鋭い爪で別の果実を傷つけてしまうことがある。せっかくの果房がボロボロになるから、人によっては害虫かもしれない。
まあ、ブルーベリーが裂果しなければ寄って来ないのだけど。

カナブンの被害を避けるには、別の餌場を作ればいい。
カナブンは樹液を吸う昆虫なので、容器に裂果したブルーベリーでも入れておけば、そちらに寄って行く。それがなければ、ナシの芯やパインの皮、ブドウの皮などを使えばいい。
日陰になる場所に仕掛けておくと、カブトムシもたくさんやって来る。隠れるところを作っておけば、カブトムシには昼間、そこに隠れているから寝坊しても捕まえられる。
アリを避けたい場合は、浅く水を張った容器を置いて、その真ん中にエサ場を作るといい。

どうしても駆除したいというなら、餌を水と共に入れておく。二日ほどすると発酵して、カナブンを呼び寄せる。

Kanabunjuice

カナブンはどうやら、コガネムシのように合コンを開くようで、夕方になると次から次へとカナブンが飛来する。
溺れることなく丸一日は泳いでいるので、朝、用水路に流している。コンクリートの水路を数百mほど流れてから、ヨシが生える用水路に落ちる。
たぶんそこで陸に上がれると思うが、もしかしたらコイのエサになっているのかもしれない。

« コシヒカリ出穂 | トップページ | クマゼミさん »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/60881007

この記事へのトラックバック一覧です: カナブンジュース:

« コシヒカリ出穂 | トップページ | クマゼミさん »

最近のトラックバック