« Navaho収穫 | トップページ | 麦ご飯 »

2015年7月 4日 (土)

シェリーの加工

ツノ丸が明日のBBQに、野菜を持って行くというので、タマネギやジャガイモ、ブルーベリーなどを用意した。

今回のジャガイモは、シェリーを持って行くことにした。現地で楽ができるように、野菜は下ごしらえをしておく。
生のジャガイモはサツマイモのような色をしているが、ゆでるとこんな感じに褪色する。

Shelly400x602Shellyalllight

いや、本物でやればいいのか。

PotatechieriebeforePotatechieriboil

そうか病がひどいなあ…とかいうのはさておき、ゆで上がったら、皮をむく。シェリーの皮は縦にはむきにくく、横には簡単にむける。
※じつは丸いジャガイモでも同様である。丸いからわからないだけで、成長の方向に対して直角に皮をむくのは簡単なのだ。
皮をむいたら、縦半分に切る。今回は小さ目のイモを使っており、細長い品種なので、これだけで手頃な大きさになる。

Potatecheriecut2

オーブントースターで表面を焼く。レンジでチンしてから焼いた方が、水分が抜けてキレイに仕上がる。

Potatecheriebake

オーブンで焼くと、イモがひと回り小さくなる。こうすると芋の表面に膜ができて、シェリーの赤い色のおかげで皮付きポテトのように見える。
こうするとBBQの時にも崩れないしとても扱いやすい。。
これは何回、温め直しても構わない。やればやるほど水分が抜けておいしくなる。このまま塩とコショウとバターを載せて食べてもうまい。

天気が悪いので、明日のBBQは無理ではないかと思っていたのだが、半分ほど加工したあたりで、BBQの中止連絡が入った。
表面を焼いてあるので冷凍しておけば大丈夫。弁当のおかずに、解凍しないまま入れることもできるし、冷凍のままBBQに持って行くのも問題ない。

シェリーはシンシアに比べて、ジャガイモのうまみが多い。枝豆と同様、色が着いている品種はうまみ成分が多くなるのかもしれない。

« Navaho収穫 | トップページ | 麦ご飯 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/60633259

この記事へのトラックバック一覧です: シェリーの加工:

« Navaho収穫 | トップページ | 麦ご飯 »

最近のトラックバック