« トウモロコシ第5陣 | トップページ | Vernon(RE) »

2015年7月 7日 (火)

無限ひこばえ

ラズベリーは、TulameenとCarolineを育てている。
MeekerやWillametteと共に、世界中で広く栽培されている著名な品種であり、いずれも強健、豊産である。
特長を挙げるなら、Tulameenは大果、Carolineは二期なりである。

この二つを適当に地植えしたのは失敗だった。
株元の勢いのあるシュートはともかく、小さなひこばえは、意外と遠くにひょっこりと顔を出す。ひこばえが、どちらの品種なのかわからない。
はこばえを鉢上げして、開花するまで育てることにした。
Carolineは二期なりなので、プリモケーンに蕾が着く。これでようやく判別することができた。

Raspcarolineprimocane

ただし、咲かなかったからCarolineではないとは断言できない。株に力がなく、花芽を着けなかったのかもしれない。

せっかくなのでラズベリーとブルーベリーのCarolineを並べてみた。

Carolinedouble

ブルーベリーのCaroline(NH)は、Magnolia(SH)と似たような特徴を持っている。南ならMagnolia、北ならCarolineということになるのだろうか。
ここ三重県ではどちらもよく育つ。

ラズベリーは挿し木で増殖できる。難しいという人もいるが、平たく挿し木するのがコツだ。
挿し木が苦手なら、鉢植えにして、ひこばえを掘り取るといい。
ひこばえは移植ごてを垂直に入れて掘り取る。掘り取った穴は新しい培養土で埋め戻しておく。
移植ごてを垂直に入れると、掘り取った場所の根が切られて残る。だからすぐ横にまたひこばえが発生する。この繰り返しでいくらでも苗を取ることができる。
しかも新しい用土を入れるので、植えっぱなしでもよく育つ。

« トウモロコシ第5陣 | トップページ | Vernon(RE) »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/60658433

この記事へのトラックバック一覧です: 無限ひこばえ:

« トウモロコシ第5陣 | トップページ | Vernon(RE) »

最近のトラックバック