« 精麦を考える | トップページ | うちのなっちゃん »

2015年6月10日 (水)

ついにヌイだ

ブルーベリーのNui(NH)が色付いてきた。
Nuiはひじょうに大粒で、果実にはHerbert(NH)のようなかすり模様がある。またブルームが少ないようで、若干の光沢がある。

Bbnuibloom

写真がイマイチなのは、すぐ横にセグロアシナガバチの巣があるからである。植木鉢を動かせないのでこれが限界。
落果しづらい品種のようで、片手で摘み取るのは難しい。片手で果房を押さえ、もう片方の手で収穫しないと、果房ごと切れてしまうことがある。
記録によると、2009年に挿し木して立派な株に育ったが、何度もK子さんにやられ、その度にリハビリしている。
いまだにその株はリハビリ中だが、Homebell(RE)に接ぎ木した株が、親株を追い越して収穫に至ったようだ。

なんだかHerbertに似ている。Herbertは既に手元にないので、記憶を頼りに違いを探してみる。
早摘みでもそんなに酸味がない。実が摘み取りにくい点も異なる。
ひどい開帳性ではあるが、枝が丈夫でしならず、Biloxi(SH)よりマシな姿をしている。
うちの暴れん坊将軍はBiloxi(SH)、ラビットアイ系を含めていいならBaldwin(RE)、フェイジョアも含めていいならApolloである。

« 精麦を考える | トップページ | うちのなっちゃん »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/60361961

この記事へのトラックバック一覧です: ついにヌイだ:

« 精麦を考える | トップページ | うちのなっちゃん »

最近のトラックバック