« ナマ重 | トップページ | トウモロコシ第4陣 »

2015年6月25日 (木)

Savoryその後

Savory(RE)が色付いてきたので、番犬の近くに移動した。
時々、記事にしていたが、色付いたらさらに大きくなった。10号鉢で育てて、鑑賞用品種として使うのもよさそうだ。

Bbsavorylong

この時期、道路沿いには晩生のCaroline(NH)などを並べているのだが、その後となるとラビットアイ系の品種を使わざるを得ない。
ラビットアイ系品種は、大粒のMaru(RE)などを飾っていたのだが、さらに大粒で頼もしい。
Maruは落果も少なく、樹上で長く置ける。ただし枝が弱くてしなるため、鑑賞用としては見映えが悪い。
SavoryはSで始まるという理由だけで購入した品種だが、極早生品種だし、意外なところで能力を発揮しそうである。ただしMaruよりも落果しやすいので、植木鉢を移動させる時は要注意である。
この日も移動中に果実がポロポロと落ちてしまい、レジーたちのおやつになった。

Bbsavorycluster3 Bbsavorycluster2 Bbsavorycluster1

極早生で大粒といえば、Vernonなんて品種もあったな。樹勢がやや弱いが、Vで始まる重要な品種である。
樹勢が弱いといってもTifblue程度である。ラビットアイ系品種においては、Tifblue程度の樹勢が普通であり、それより樹勢が劣るような品種は、今後、登録されることはないだろう。

ところで、オーシャン貿易のカタログと違って、うちのSavoryは、萼あ(漢字知らない)部があまり窪んでいない。育て方の問題だろうか。
萼あ部が窪まない性質は、Takahe(RE)などに顕著であり、Maru(RE)などにも見られる。

« ナマ重 | トップページ | トウモロコシ第4陣 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/60551074

この記事へのトラックバック一覧です: Savoryその後:

« ナマ重 | トップページ | トウモロコシ第4陣 »

最近のトラックバック