« 水田畑で里芋 | トップページ | 精麦を考える »

2015年6月 8日 (月)

てっぺんかけたか

ツノ姉がナントカ実習で朝早い。こんな日に限って嫁は職場のナントカ研修でいない。
子供たちが寝過ごさないように、私も朝早くから起きて…というか、いつも通り徹夜明けである。
ツノ姉が無事に起きたのを確認したので仕事は完了。

午後から雨が降るらしいので、庭のベリーを収穫。
ブルーベリーは、サルの被害から立ち直り、食べ放題になっている。ハイブッシュ系品種の大半が色づいている。
Biloxi(SH), Cooper(SH), Draper(NH), Duke(NH), GulfCoast(SH), Jubilee(SH), Nui(NH), O'Neal(SH), Rancocas(NH), Sharpblue(SH), Spartan(NH)など。
ボウルに半分ほどの収穫があった。
今年はChandler(NH)とLegacy(SH)がK子さんにやられて養生中である。

続いてラズベリーの収穫。CarolineとTulameenを数粒。品種が混じるといけないので、いまだに鉢植えにしたままだ。
Carolineは丸いし、Tulameenはイチゴ型だから、収穫時に区別するのは簡単だ。
ラズベリーはいずれ地植えし、枝だけが軒下に伸ばせる環境が望ましい。だが、そんな場所があるはずもなく…。

ウサギや犬にエサを与えて、犬の散歩。犬の散歩をしていると、いつも同じ場所でホトトギスに出会う。ホトトギスはこんな鳥だ。

誰もがホトトギスの名前は知っているが、見かけることは割と難しい。
うちの近所にいるホトトギスは、近くを通っても逃げないし、今日は目の前で鳴いていた。

ホトトギスの鳴き声は「てっぺんかけたか」と表現される。他には「特許許可局」とか、「ラッスンゴレライ」と聞こえる。

散歩から帰り、ホトトギスの声を遠くに聴きながら布団に入った。

« 水田畑で里芋 | トップページ | 精麦を考える »

自然」カテゴリの記事

コメント

ホトトギスを初めて拝見しました!
この近くでは、鳴き声も聞いたことがあるような、ないような・・・(^^;
ウグイスの声にばかり気をとられていてはいけませんね。

ホトトギスは山里なら、たいていいると思います。
鳴き声はよく聞くのですが、鳴き声を知らないと、それがホトトギスだとは気付きません。
動画だと、不完全な鳴き声が多いですが、10秒あたりの鳴き声は比較的まともです。

注意して聞くといるものですね。
ホトトギスは名前しか知らなかったので、こんなに身近な鳥だと思ってませんでした。
俳句のイメージがあり、絶滅に近い種かと・・・ f(^^;)
夕方や雨上がりに声を聞く事ができました。

いざ鳴き声を聞こうとすると、なかなか聞けない鳥ですが、里山近くで暮らしていると、よく聞く鳴き声だと思います。
こちらでは年に一度聞こえるかどうかですが、コノハズクの鳴き声なども特徴的ですよ。

上のコメントに名前が抜けてましたね。私です(^^;
一番よく聞くというか、耳障りなほどうるさく鳴くのが、コジュケイという鳥でした。
サルかと思うほど、うるさいですw
前日、TVでやっててこの鳥の名前を知りました f(^^;)
コノハズクの鳴く時間は外にいないからなぁ・・・どうなんだろう?
機会があれば、注意して聞いてみます。

マクドナルドで、ポテトが揚げる音というか、フライヤーのタイマーの音を聴いたことがありますか?
ttps://www.youtube.com/watch?v=9WwuaSFiE70

いつも、コジュケイと似てるなあ…と思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/60308200

この記事へのトラックバック一覧です: てっぺんかけたか:

« 水田畑で里芋 | トップページ | 精麦を考える »

最近のトラックバック