« ホウネンエビ | トップページ | サヤエンドウ撤収 »

2015年5月18日 (月)

ウナギを食べたい

ナマズをうまく飼育するとウナギの味がするらしい。それは聞き捨てならんな。早く実用化されてほしい。
ナマズは何度か食べたことはあるが、ウナギよりあっさりしている。泥くさいアナゴというイメージだ。きれいな水で養殖し、太った個体を食べれば似ているとは思っていた。

私はウナギが大好物だ。かつて私は昼食にいつもウナギを食べていた。お代わり自由でもないので、結果的にダイエットにもなっていた。
だがウナギが絶滅危惧種と聞いてからは食べなくなった。うちの食卓にも上がることはない。
ウナギは養殖ができない。ウナギ業者が育てているのは捕獲した野生の稚魚であり、養殖された魚ではないのだ。
成魚を産卵させることができないどころか、そもそも稚魚だって回遊してずいぶん大きくなった稚魚である。ウナギは孵化するとレプトセファルスという姿になる。


※動画はアナゴのレプトセファルスである。

ウナギの産卵場所は、日本から2500kmも離れた海域であり、レプトセファルスはその付近でないと見られないそうだ。
それが移動中に変態して、日本近海でウナギの稚魚、すなわちシラスウナギとなる。

研究室レベルでは、2010年あたりから完全養殖に成功している。
取り組んでいるのは農水省の(独)水産総合研究センター、まさに国を揚げての事業である。私はウナギでもナマズでも絶滅危惧種でなければ構わない。とにかく早くして欲しい。

« ホウネンエビ | トップページ | サヤエンドウ撤収 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/60088413

この記事へのトラックバック一覧です: ウナギを食べたい:

« ホウネンエビ | トップページ | サヤエンドウ撤収 »

最近のトラックバック