« 畝立て | トップページ | 勝手に野焼き »

2015年5月31日 (日)

命名・マムシ農園

タマネギを収穫したので畑が空いた。この場所には、オクラとカボチャを植える予定だが、その前にやることがある。

畑を耕して深さ40cmほどの溝を掘った。ここに乾燥した刈り草を詰め込み、土を少し載せて化成肥料をまいた。
これがかなりの重労働で、ダイエットにはちょうどいい。

刈り草はビオトープから持ってきたが、足りない分はマムシ農園から持ってきた。
マムシ農園というのは、ビオトープの隣にある耕作放棄された水田のことである。いつも説明が長くなるので、今後はマムシ農園と呼ぶ。
見知らぬ人の土地だが、マムシの楽園となっているため、焼き滅ぼすことにした。
今日だって、刈り草をレーキで集めていたら、刈り草の下でマムシが寝ていた。
レーキで引っかけて土が固い場所に放り投げ、長靴の底で頭をつぶしておいた。


« 畝立て | トップページ | 勝手に野焼き »

園芸」カテゴリの記事

コメント

そちらもマムシが・・・。昔は決まった処しか居なかったけど、
近頃どこでもいますね。うちの近くの道で車にひかれたのがいたけど、一度に数匹生まれるので、まだいるだろうと思ったら、何とうちの庭にいるのですよ。手ごろな武器がないので蹴りを入れて、スコップ取りに行ってる間に逃げられましたが、

マムシ農園は、耕作放棄された水田ですからね。
最終的にすべて焼き払うつもりですが、あと何十匹いることやら。

私はまだ生まれてから一度も生きたマムシを見たことがなくて、もしもバッタリと遭遇することがあったら咄嗟にそれがマムシであると認識できるかわかりません。
それにしても、お二人は勇敢と言うか・・、蹴ったり叩き付けたりと本当に慣れていらっしゃるのですね。

二人…って、もう一人は誰ですか。

マムシは子どものころに、冷蔵庫に入ってたことがありました。
当然、自分から入ったわけではなく、マムシ酒を作るために
祖父が捕まえてきたものでした。
とぐろを巻いて、お休み中だった記憶がありますw

冷蔵庫に入れると、動きが鈍くなって扱いやすくなります。
うちでは、スズメバチがよく冷蔵庫に入っていました。

マムシは水が入った一升瓶の中で一週間ほど泳がせて、糞を出してから酒に漬けるといいそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/60221332

この記事へのトラックバック一覧です: 命名・マムシ農園:

« 畝立て | トップページ | 勝手に野焼き »

最近のトラックバック