« フキゲリラ | トップページ | 勝手に里山 »

2015年3月18日 (水)

今夜も芋煮とまんじゅう

畑にはまだたくさんの里芋が埋まっている。そろそろ撤収しないと、次の作物が植えられない。
ネギだって、そろそろネギ坊主が出る頃だ。そんなわけで、今月の夕食は芋煮がやたらと登場する。
一般的な里芋は孫芋を食べる。ひ孫芋ともなると小さくて使わない。ひ孫芋は小さいので芋まんじゅうにぴったりである。

団子粉がないので、モチ小麦でやってみた。里芋は無限にある。もはや分量など計る必要はない。
袋に残っていたモチ小麦の小麦粉をすべて使い、タネを練った。砂糖も水もテキトーである。
今回は蒸すのではなく、先日試した熱湯に入れる方法を採用。
タネが足りずに余った里芋は、塩抜きしてワンコのおやつにした。

Imomanjuboil

芋煮は東北、芋まんじゅうは九州の料理だから、北と南の里芋料理を作っていることになる。

ちなみに親芋や子芋は硬くてまずいので捨てるのが普通である。
だが春になってからの親芋は、種芋として使える。大きな親芋を種芋として植えれば、里芋が早く大きく育つ。

« フキゲリラ | トップページ | 勝手に里山 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/59358910

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜も芋煮とまんじゅう:

« フキゲリラ | トップページ | 勝手に里山 »

最近のトラックバック