« 冬まき大根 | トップページ | イノシシ数頭目 »

2015年3月13日 (金)

PICでマトリクスLED

来月からPICマイコンの仕事が入るので、予習として何か作ることにした。
部品箱に入っているもので適当に…。

マトリクスLEDと、ドライバICのMAX7219を発見。しかもたくさんある。
PICマイコンで、8×8のマトリクスLEDを扱うのは難しいが、ドライバICがあれば容易に制御できる。配線が多くてうんざりだが、とりあえずやってみた。

Max7219

右上にあるI2C接続のLCDは3V動作なので、5V動作のマトリクスLEDとは共存できない。この写真では配線を抜いている。

PICマイコンでマトリクスLEDを制御している人は少ないようだ。制御するにはピンが不足するから、MAX7219を使うのがポイントだと思う。
I2Cに関してはPICの動かせ方入門が、MAX7219についてはエレキジャックの記事が大いに参考になった。
表示はとりあえずできたから、センサを使って動かすことを考えよう。

« 冬まき大根 | トップページ | イノシシ数頭目 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

秋月のAQM0802Aはデータシートには3.3V駆動って書いてあったり、
WEBで調べると分圧で5V→3.3Vにして駆動してる人とかいるけど、
初期設定で Power/ICON/Contrast control で送信するコマンドを
0x56から0x52に変えてやれば普通に5Vで動くよ。

LCDにはデバグ情報を表示することが多いので、3.3V/5Vで併用できるとずいぶん助かります。
調べたところ、こんな記事がありました。
http://www.geocities.jp/zattouka/GarageHouse/micon/MPLAB/12F1822/LCD/LCD.htm
電源を5Vで使う時は、昇圧回路をOFFするそうです。
そうしないと定格外で使うことになるのかな。
いずれにしろ有用な情報ありがとうございます。

あと、たまにバグる原因が載っていたので、メモしておきます。
http://jtakao.web.fc2.com/elec/aqm0802a/index.html
https://strawberry-linux.com/pub/i2c_lcd-an001.pdf

Power/ICON/Contrast control で3ビット目を0にすれば昇圧回路がオフになる。
秋月のデータシートの書き方が悪くて、昇圧回路ONに限定した書き方になってる。
(AQM0802の本来の定格電圧は2.7~5.5V)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/59295229

この記事へのトラックバック一覧です: PICでマトリクスLED:

« 冬まき大根 | トップページ | イノシシ数頭目 »

最近のトラックバック