« 買ったらあかんやつ | トップページ | 素人の罠猟 »

2015年2月24日 (火)

GR-SAKURAでLCD

先日届いたGR-SAKURAをいじってみた。
コンパイラはクラウドで楽々だし、プログラムの書込みはコピー(※1)するだけで完了。
Arduino互換でプログラミングは楽々、マイコンのプログラミングとは違って、void main()すら記述しなくていい。

Lチカをちょっと試したが、何の問題もなく動作した。開封からここまで、30分もかかっていない。
次は、今後のデバグに使えるよう、SAKURAに小型LCDを接続しよう。
AE-AQM0802は、ピン幅の狭いAQM0802を、秋月オリジナルの変換基板で扱いやすくしたものだ。ただしピンヘッダをハンダ付けするだけではSAKURAで使いにくい。
SAKURAで使うためには、変換基板の裏側にある2端子をハンダでショートしておく必要がある。

Aeaqm0802back

シルク印刷でPUとなっている部分だ。PullUpの意味だろう。
実際に使ってみると、とても小さくていい感じだ。
AE-AQM0802は、完全なI2C接続のLCDで、LCDの濃淡でさえもコマンドで調整できる。
I2Cの2本と電源だけで配線が済むので、配線がひじょうにすっきりしている。

※1. PCからGR-SAKURAは、USBメモリに見える。

« 買ったらあかんやつ | トップページ | 素人の罠猟 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/59098781

この記事へのトラックバック一覧です: GR-SAKURAでLCD:

« 買ったらあかんやつ | トップページ | 素人の罠猟 »

最近のトラックバック