« 麦カフェ | トップページ | モチ小麦で芋まんじゅう »

2015年1月24日 (土)

里芋

モチ小麦で芋まんじゅうを作るため、畑から里芋を掘ってきた。
品種にもよるが、普通の里芋は親芋を食べない。子芋だけを食べる…ということになっている。
だが本当は違う。
植え付けた芋が親芋である。だから親芋は捨てる。これは合っている。
しかし子芋を食べるわけではないのだ。通常、食べるのは子芋ではなく、孫芋とかひ孫芋なのだ。

Satoimo4dog Satoimo4men

左が子芋、右が孫芋である。
畑で里芋を掘ると、子芋を割り取って親芋はその場に捨てる。子芋以下をバケツに入れて持ち帰り、孫芋やひ孫芋だけを食べる。

我が家では、固そうな子芋を捨てる。柔らかそうな子芋はゆでて犬のエサにする。
孫芋とひ孫芋は食べるが、その中でも小さな芋は皮をむくのが面倒だから捨ててしまうことが多い。

Satoimo4manju

写真ではわかりづらいが、小さくて皮をむくのが面倒な芋ばかりである。今まで、こういう芋は捨てていたのだが、最近は芋まんじゅうを作るために残している。

« 麦カフェ | トップページ | モチ小麦で芋まんじゅう »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/58763394

この記事へのトラックバック一覧です: 里芋:

« 麦カフェ | トップページ | モチ小麦で芋まんじゅう »

最近のトラックバック