« 大豆の収穫 | トップページ | 最後の白菜 »

2014年12月23日 (火)

麦のタネまき

ツノ丸と一緒に農作業。
今日は大麦のタネまき。裸麦(ハダカムギ)のダイシモチをまいた。

ダイシモチはまだ食べたことがないので、味見をしておきたいところだが、残念ながらそんな暇もない。ざっと調べて、裸麦の糯麦で、収穫期が早くて倒伏しにくい品種を選んだ。
麦の収穫期は梅雨と重なるから、収穫が早い大麦はやや有利。そしてその中でもさらに早生の品種である。
倒伏させたことは一度もないのだが、モチ麦を作るのは初めてなので念のためだ。
麦の専門用語が多いので、ちょっとまとめておく。

  • 麦→小麦、大麦、ライ麦
  • 大麦→二条大麦(ビール麦)と六条大麦
  • 六条大麦→皮麦と裸麦
  • 裸麦 →粳(うるち)麦と糯(もち)麦

他の麦の名前も聞いたことがある人もいるかもしれない。
たとえば、カラス麦はエンバクとも呼ばれていて、日本では全草を飼料として利用しているとか、デュラム小麦は、小麦の一種だから上の分類だと登場しないとか。

ナントカ麦を挙げたらキリがないので省略するが、エンバクはそのうち再登場する予定。

« 大豆の収穫 | トップページ | 最後の白菜 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

モチ麦、先日初めて買ってみました。
ごはんに混ぜて炊けばいいのかな、どんな味か楽しみです。
混ぜて炊く麦といえば、ハトムギも大好きです。でもあれは名前はムギだけどムギじゃないですよね。
畑は、何か植えておくほうが土がよくなるのですね。
植えたり播いたりが苦手な私には大変に難しいことですが、がんばります。
うーむ、サツマイモかな・・・。

モチ麦は1合に大さじ1杯くらいから試してみてください。ようするに麦ご飯ができるのですが、普通の大麦より、おいしいご飯になりますよ。

ハトムギですが、ハトムギも立派な麦です。
麦は基本的にイネ科で、それぞれの麦が、オオムギ属やコムギ属、そしてハトムギ属に分類されています。
だからマイナーなだけでちゃんとした麦なんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/58358174

この記事へのトラックバック一覧です: 麦のタネまき:

« 大豆の収穫 | トップページ | 最後の白菜 »

最近のトラックバック