« モチ麦45m | トップページ | 年賀状 »

2014年12月26日 (金)

秋ジャガ収穫2014

今年の春ジャガは、いつもの2倍も植えてしまった。
キタアカリだけで十分なのに、シンシアを植え足したためにこんなことに。

シンシアというジャガイモは、休眠が長いとされている。
そのため先にキタアカリを食べ、この時期になってようやくシンシアを食べるようになった。
そのシンシアも、今の時期だとこんな状態になっている。

Potateonion

スーパーのジャガイモは発芽抑制処理が行なわれている。自家製だと、休眠が終わった途端に芽が伸びる。
芽の部分には毒があるが、芽をえぐって食べれば問題なし。シンシアは芋が大きいし、芽の部分がくぼんでいないので調理しやすい。
まだ倉庫にたくさん残っている。

先に食べていたキタアカリは、夏に芽が伸びてきた。
まだシンシアが残っているから、どうせ食べ切れない。捨てるつもりで畑に植えてみた。
秋には一応、ばさばさと葉っぱが茂っていたが、地上部がまだ青いうちに、霜が降りて、すっかり枯れてしまった。
芋ができていたらラッキーだ。試しに掘ってみた。

Patatocrop

土の中から、このような白いジャガイモがごろごろ出てきた。
春ジャガのシンシアがたくさん残っているというのに、畑にはこれが10mも埋まっている。

« モチ麦45m | トップページ | 年賀状 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

松尾さんのブログからお邪魔しました。
奥能登では、じゃがいもの秋収穫はめずらしいので、つい読ませていただきました。
所変われば・・・ですね。

KOHさん、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。(^ ^)/
シンシアは美味しい・大きい・たくさん収穫できるの3拍子揃っている様ですね。

ノッペさん、はじめまして。
くり松さん(勝手に命名)ちのブログは、活力があっていいですね。いつも読んでいます。
読んでいると、クリの木を植えたくなってしまうのですが。

Reveilleさん、こんにちは。シンシアは大きいですね。
上の2枚の写真では、同じボウルを使っているのですが、その差は歴然としています。
そもそもタマネギよりも大きいし…。

うちに春のジャガイモの取り残しが、秋に芽吹き
ジャガイモ担当の旦那がそのままにしてたものが
たぶん・・・畑にそのままになってる思います。
これって掘ればジャガイモができてるものかしら?f(^^;)

秋ジャガの種芋というのは、丸ごと植えるんです。
土の中にあったジャガイモは、そのまま植えたのと同じことですから、できているんじゃないですかね。
秋ジャガは、子芋と共に、親芋が腐らずに残っています。固くてまずいので、間違えて食べないように注意してください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/58388311

この記事へのトラックバック一覧です: 秋ジャガ収穫2014:

« モチ麦45m | トップページ | 年賀状 »

最近のトラックバック