« 残念な白菜 | トップページ | 野菜回収の女 »

2014年11月13日 (木)

イニシャルトーク

ブルーベリーの新品種をいくつか紹介したい。
私にとってはイニシャルだけが重要で、特性などはどうでもいい。

Indigocrisp(SH)
ハイブッシュ系品種では貴重な、Iで始まる品種である。
インディゴは藍色をした染料の名前である。ジーンズを染める染料として有名である。クリスプというのは、ぱりっとした食感のこと。
大粒、立性、とにかく甘い、すばらしい品種だから、もうIvanhoe(NH)のことは忘れてやって欲しい。Bluecrisp(SH)のパクリとかも言っちゃダメだ。
現時点ではパテントではないが、パテント申請中である。

Jewel(SH)
USPP#11,807、パテント品種で、日本ではオーシャン貿易が独占販売権を取得しているが、海賊苗も流通しているようだ。
暖地でJersy(NH)が栽培できない人にとっては、Jで始まる品種は貴重である。
果実はL-VLとされているのだが、海賊苗はさほど大粒ではないように見える。

Jubilee(SH)
暖地でJersy(NH)が栽培できない人にとっては、Jで始まる品種は貴重である。
輸入している人も多いし、非パテント品種である。私が輸入した苗は、ナーセリーの人に譲渡した。数年後には市場に出回るだろう。

TopShelf(NH)
USPP#24,697、ハイブッシュ系品種では貴重な、Tで始まる品種である。
果実はひじょうに大きいが、Chandler(NH)には及ばない。

Ka-Bluey(SH)
ブルーベリーでは貴重なKで始まる品種である。
カブリーというのは、映画のタイトルで、ゆるキャラの名前である。

US73 x G-526の交配であることから、大関ナーセリーで販売されているオーゼキブルーと同一品種と思われる。

Kestrel(SH)
USPP#21,719、ブルーベリーでは貴重なKで始まる品種である。
極早生で遅霜に強いとか、まったくどうでもいい。我々はKで始まる品種に飢えているのだ。
日本では大関ナーセリーが独占販売権を取得しており、早い販売が期待される。

Overtime(RE)
直訳すると残業である。とにかく品種名がカッコいい。かいよう病に耐性があるとか、なかなかブラックジョークも効いている。
現時点ではパテントではないが、パテント申請中である。

Ventura(SH)
ハイブッシュ系品種では貴重なVで始まる品種である。
ラビットアイでは、Vernonという品種がある。

« 残念な白菜 | トップページ | 野菜回収の女 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

本日私は休日出勤中です。

その為か残業がつぼにはまりました!!笑

是非欲しいです 笑

Oで始まる品種は、Onslow(RE)とO'Neal(SH)で十分なんですが、Overtime(RE)という名はいいですね。
私もぜひ手に入れたいと思っています。

ブルーベリーにどうして残業と言う名がついたのでしょう?
不思議な命名ですね。もしかして極晩生種とかですか?
先週、うちの畑でデライトが一粒残っていたので生果が食べられてちょっと嬉しかったです。
この残業君も他のブルーベリーが収穫が終わっても11月に食べられる様ながんばり屋さん品種なら買うかも。(笑)

どうしてって、私の直訳だからです。
普通なら、Overtimeは延長と訳すべきです。晩生種ゆえのネーミングかと。
Onslow(RE)や、Ochlockonee(RE)があるので、延長と訳すくらいなら、紹介もしなかったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/58064838

この記事へのトラックバック一覧です: イニシャルトーク:

« 残念な白菜 | トップページ | 野菜回収の女 »

最近のトラックバック