« ハナショウブ畑 | トップページ | 白菜の根コブ »

2014年11月19日 (水)

ブラックベリーのメモ

ブラックベリーの備忘録を作っておこう。収穫期の目安にしたい。
オススメは、できれば早生のNatchez、無理ならOsageあたりを植える。これに晩生のTripleCrownかNavahoのいずれかを植えるのがいいと思う。

  • Natchez 6月19日~
  • Osage 6月下旬~(Natchezに対して+1week)
  • Ouachita 7月上旬~(同+2week)
  • TripleCrown 7月12日~(同+3week)
  • Navaho 7月14日~(同+3week)

Natchez(ナチェス)は極早生の品種である。果実がとにかく日焼けに強く、放任栽培でも豊産である。
直立性と紹介されていることもあるが、Ouachitaほどは直立しない。半直立性である。ただしTripleCrownよりは直立するので、剪定で株立ちにもできる。

TripleCrown(トリプルクラウン)は、半直立性だ。10m以上に伸びるツルを誘引することになるが、こちらも剪定がないと株立ちにできない。ブラックベリーは自分で巻き付いたりはしないので、フェンスなどに1mごとに固定すればいいだろう。
現時点でもっともおいしい品種だと思うが、果実はとても日焼けしやすい。
ブラックベリーの日焼けは、水滴によって引き起こされる。だから雨除け栽培が必要となる。庭に植えて、軒下にツルを伸ばすような用途が向いていると思う。

Navaho(ナバホ)は、小さくて甘い実を無数に付ける。上のリストの中では樹勢がもっとも弱く感じる。とはいえ、比較する相手が悪いだけで、普通のブラックベリーに比較すれば強い方だ。
かつてはパテント品種だったが、米国においては非パテント品種である。果実は日焼けにやや弱い。

« ハナショウブ畑 | トップページ | 白菜の根コブ »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/58073733

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックベリーのメモ:

« ハナショウブ畑 | トップページ | 白菜の根コブ »

最近のトラックバック