« キムチ鍋 | トップページ | 雨のイチジク »

2014年11月 1日 (土)

はかり資料館

長野県松本市の東洋計器という会社が、はかり資料館という施設を運営している。そのはかり資料館が今日、リニューアルオープンした。

先日、三重県四日市市の秤乃館(はかりのやかた)が閉館した
そこで展示されていた秤(はかり)のほとんどは、この'はかり資料館'に譲渡されたそうで、それを受けてのリニューアルオープンである。

閉館前に、ツノ姉が天秤をひとつもらってきた。

Scale

錘を移動させて使う仕組みになっている。
始点を兼ねた持ち手部分が二つあり、持ち換えることによって、計量する範囲を変えるようになっている。
それぞれの持ち手が、0-30gと、30-100gに対応しており、なかなかうまくできている。
試しに500円玉の重さを計ってみよう。

Scaleread

500円玉の重さは7.0gだから、かなり正確である。ちなみに旧500円玉は7.2gらしい。

今日は入場料無料で、秤乃館の館長、小林健蔵さんの講演会もあったそうだ。

« キムチ鍋 | トップページ | 雨のイチジク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/57916154

この記事へのトラックバック一覧です: はかり資料館:

« キムチ鍋 | トップページ | 雨のイチジク »

最近のトラックバック