« 畑の巡回 | トップページ | 原木ヒラタケ »

2014年11月 5日 (水)

GGCマニア

グラスジェムコーン(GlassGemCorn)、略してGGCである。
GCCだと思ってやって来たプログラマと、CGCだと思ってやって来た主婦の方はお引き取りいただきたい。

美しいコーンが気に入ったため、米国からタネを輸入して栽培に挑戦し、畑に植えた11株から、ミカン箱いっぱいの収穫があった。
栽培方法について気付いたことをまとめておく。

GGCはスイートコーンに比べてやや栽培期間が長い。
やごを育てたこともあり収穫時期が遅れてしまったが、記録を見ると、6月21日にタネをまいて、10月1日に収穫している。
どうやら遅く植えても、100日あれば収穫できるということはわかった。
私はほとんどの穂を一斉に収穫したのだが、熟した穂を個別に収穫した方が美しい穂に仕上がるようだ。

Ggcseed Ggcoverripe

右の写真のように、収穫が遅れると粒は充実するが、粒の先端が白くなって美しくない。

GGCは高さ2mを軽く超える。畑の北側に植え、左右に支柱を立てて防鳥網を倒伏防止に使った。まだ穂も出ていないうちからこの高さである。
ヤゴが出るが、スイートコーンと違って、ヤゴにも実がたくさん着く。株間に余裕があるなら、ヤゴも伸ばして、2-3本仕立てとするといい。
うまく育てると穂は長さ30cmにも達する。これは鑑賞用にはイマイチで、むしろヤゴに着いた短い穂にが趣がある。
ヤゴと共に、根元に気根がたくさん出る。土寄せをするとよく育つし、倒伏防止にもなる。

次は色について考える。
タネが数粒しかない人はどうしようもないが、タネがたくさんあるなら、美しい色の組み合わせについて考えてもいい。
植える色によって様々な配色の穂を作ることができる。

粒の色は、紺、青、赤、紫、桃、緑、黄、橙、白などがあるが、この中には混色の粒があるので、頭に入れておこう。

緑=黄+青
青=紺+白
紫=赤+青
赤=黄+紫

他にもあるが、この程度にしておく。
たとえば、こういう色合いを目標にするなら、白粒の制御が重要になる。

Ggcbasewhite

黄は少な目。私なら3/10程度。黄の遺伝子は緑や赤、橙も持っている。これらも黄として数えねばならない。
白は7/10程度。ただし、青、桃、紫なども白に数え、必要な色を導入すればいい。
黄を多くして、紫を導入しないとこんな感じだ。

Ggctricolor

また黄の粒には、白の遺伝子をヘテロとして隠し持つ粒がいるが、ヘテロで持っているかどうかは外見で判断できないから、そのあたりも頭に入れておきたい。
スイートコーンには、ピーターコーンという品種がある。あれは黄粒だけをまいているにも関わらず、白をヘテロで持つため、全体の1/4は白粒になる。
それが理解できないなら、配色を制御するのは難しい。

青というか、紺には2種類のタイプが存在する。おおざっぱにいうと、濃淡として発現する青と、それとは別に紺がいるように見える。
後者の粒は排除していいが、他の色の粒にヘテロの形で隠れていることもある。そのような粒が混じると、区別せずに栽培しても1/4に紺の粒が出現する。単純な濃淡ではないのだが、そこらへんは気にしない。
また、おそらく○と△は互いにヘテロだが、同居することはでくぁwせdrftgyふじこlp…はあはあみたいな話もある。

こういうことを考えながら、粒の色を選んでまくわけだ。
発芽するかどうかわからないし、粒の色によって色が偏るのは当然である。たとえば青の粒なら青色系の穂ができるし、黄の粒なら黄色系の穂ができる。

Ggcbaseblue Ggcbaseyellow

何言ってるかわかんねーよという人は、いろんな粒の色を10粒まけばいい。ただし、色が偏るので、黄と紺の株は畝の端に配置するといい。

もし白をヘテロで持たない黄を植えると、その花粉がかかったら絶対に白が出ない。つまり青、桃、紫なども出ないことになる。
その株を端っこで隔離栽培気味に育てるとこんな色になる。

Ggcyellow

スイートコーンの直まきのように、同じ場所に数粒まいて、成長の良い個体を残すのは色が偏ってしまう。
粒の色を記したポリポットで育苗し、できあがった苗を畑に植え付けた方がいい。ちなみに私が今年まいたのはこの13粒である。

Ggcyellow

粒の色はラベルの色でわかるようになっている。青×3、紫×2、桃×1、黄×3、白×3、青×1だった。
この内、苗まで育ったものは11株。それらをすべて植え付けての結果である。

« 畑の巡回 | トップページ | 原木ヒラタケ »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/57920990

この記事へのトラックバック一覧です: GGCマニア:

« 畑の巡回 | トップページ | 原木ヒラタケ »

最近のトラックバック