« クリの台木について | トップページ | Red Bull BC One World 2014 »

2014年11月28日 (金)

最後のサツマイモ2014

サツマイモのクイックスイートを収穫した。
ほとんどのサツマイモは、10月に収穫が終わっていたのだが、この2株だけは、タネを採るため、実験的に残してあったのだ。
その結果、開花させるところまでは成功したのだが、すっかり気温が下がってしまい、残念ながらタネはできそうにない。あきらめて収穫した。
サツマイモはアサガオと同じヒルガオ科。短日性植物なので、タネを採るつもりなら、ツルに箱をかぶせるなどして人為的に日長をコントロールし、夏の間に開花させる必要があるようだ。

▽ここに写真

クイックスイートは、蔓の途中にも大きなイモを着けていた。来年育てるときは、蔓返しをした方がよさそうだ。
私がわざわざ栽培したクイックスイートの特性についてはこちらをどうぞ。

今年は、私と父とツノ姉、それぞれがサツマイモの苗を手に入れ、畑では4品種を栽培していた。
しかし父はすべてを区別せずに収穫してしまったので、味の比較ができない。
このクイックスイートは、畑に置きすぎたので食べてもおいしくないだろう。春まで保存して、種イモにする予定だ。

« クリの台木について | トップページ | Red Bull BC One World 2014 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/58141567

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のサツマイモ2014:

« クリの台木について | トップページ | Red Bull BC One World 2014 »

最近のトラックバック