« 最後のモミガラ | トップページ | ポポーの果肉 »

2014年10月18日 (土)

硫黄のような臭い

先日干した平無核が干し上がったので、干し竿から下ろした。
空いた場所には次の柿を干した。

Hoshigaihung3rd2014 Hoshigaki1st2014

市田柿という干し柿があるが、市田柿は美しいべっこう色をしている。干し柿を硫黄の煙でいぶすと、あのような仕上がりになるそうだ。
硫黄なんて20kgの大袋で持っているから、一度は試してみたい。

そういえば、御嶽山の噴火で「硫黄のような臭いが…」という表現が使われている。それを見た東大教授が「硫黄は無臭だ」とツイートしていた。
試薬の硫黄は無臭かもしれないが、ブルーベリー畑にまく硫黄は温泉の香りがする。だから間違っているわけではない。
たとえばガスの匂いがすると言うが、プロパンガスは無臭だよね。

« 最後のモミガラ | トップページ | ポポーの果肉 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/57821889

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄のような臭い:

« 最後のモミガラ | トップページ | ポポーの果肉 »

最近のトラックバック