« 甘栗な話 | トップページ | 極早生ミカン »

2014年10月11日 (土)

栗くり坊主

注文していた栗くり坊主が届いた。クリ専用の皮むきハサミである。
届いたからには、使ってみたくてしかたがない。よって今夜も栗ご飯である。

そもそも私は100円ショップの庭木バサミで、クリ1個を1分でむくことができる。
問題はそれより速くむけるのかどうかだ。
少し練習したら、次第にうまく使えるようになってきた。クリ1個を1分なら楽勝である。皮をむくのも楽だし、力や技術もそんなにいらない感じがする。
たとえば栗くり坊主を使えば、リンゴの皮をむくようにクリの皮をむくことができる。

Kuriskin Kuriskinzoom

私は技術の習得を優先したあまり、親指と人差し指と、薬指を切ってしまったが、いずれはもっとうまくむけるようになるだろう。
そのためにはもっと練習しなければ。よし、明日も栗ご飯だ。

Kuripeeling2

だが、それを聞いた嫁は、そうはさせまいと残っていた野良グリをすべてゆでやがった。
これ以上、栗ご飯を炊きたくないらしい。
私以外の家族全員がそう思っているようで、完全アウェイである。
おのれ、またクリを拾って来てやる。戦いは続く…。

« 甘栗な話 | トップページ | 極早生ミカン »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/57650438

この記事へのトラックバック一覧です: 栗くり坊主:

« 甘栗な話 | トップページ | 極早生ミカン »

最近のトラックバック