« またまた干し柿 | トップページ | 硫黄のような臭い »

2014年10月17日 (金)

最後のモミガラ

サツマイモや夏みかんを保存するため、モミガラをもらいに出かけた。
するとモミガラの山に火がついていた。もう稲刈りが終わったから、モミガラをすべて焼却するとのことだった。
火を着けてまだそんなに時間はたっていない。火の反対側からモミガラを積み込めば問題ない。ただ今日が、モミガラを手に入れる最後のチャンスということになる。
そんなわけで今日は全力でモミガラを運ぶことにした。

キャバクラ畑のカンキツ類にモミガラを敷き、畑で冬越しする里芋の上にも積み上げた。
うちの畑では、センチュウなどを駆除するため、作物の残渣をすべて焼却処分する。
そのままでは土がやせてしまうのだが、モミガラを大量に入れるので土はふかふかである。
余ったモミガラは畑の片隅に積み上げた。どうせ何かに使うだろう。
もし使わなかったら、畑で焼いてモミガラ燻炭を作ろう。ついでに焼き芋だって焼ける。

軽トラで5往復して、ファーマーズポット55cm(63L)に、70杯分のモミガラをもらってきた。

« またまた干し柿 | トップページ | 硫黄のような臭い »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/57712976

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のモミガラ:

« またまた干し柿 | トップページ | 硫黄のような臭い »

最近のトラックバック