« MS毒まんじゅう | トップページ | 痛くなったら »

2014年8月19日 (火)

白菜のタネまき

白菜の品種はあまりにも多い。だから私が白菜の品種を選ぶ基準は、ラベルの書きやすさである。
郷秋は文字の画数が多くてバランスがとりにくいとか、黄ごころは文字数が多いとか考えながら品種を選んだ。
そんなわけで今年買ってきたのは王将85と無双65の2品種。

白菜をうまく育てられない人は、パチスロみたいな品種がオススメ。
スーパーCRナントカという品種のことだ。
このCRというのはClubroot Resistance、つまり根こぶ病抵抗性品種のことだ。
アブラナ科の野菜をひっこ抜いて、その根にコブがあったら、それは根こぶ病が出ている証拠だ。そんな畑で育てるなら、根こぶ病に耐性がある品種を植えた方がいい。

CR品種はタネの値段が高かったり、味が落ちるとされているが、収穫できなければ比較することもできない。
そもそも、うちの嫁が料…いや、なんでもない。

« MS毒まんじゅう | トップページ | 痛くなったら »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/57160224

この記事へのトラックバック一覧です: 白菜のタネまき:

« MS毒まんじゅう | トップページ | 痛くなったら »

最近のトラックバック