« ディプテレックス販売終了 | トップページ | トウモロコシの状況 »

2014年8月 6日 (水)

二色のみょうが寿司

冷蔵庫には夏ミョウガのしば漬けがたくさん入っている。
これを使ってミョウガ寿司を作ろう。
ミョウガは、桃色の甘酢漬けと、真っ赤なしば漬けの二種類を用意した。

Myoga2color Myogazushimaterial

材料はこんな感じ。甘塩のしゃけを焼いて、皮と骨をとって身をほぐしておく。他は細長く刻んでおく。
寿司桶にミョウガの漬け汁(甘酢)をぶちまける。こうすると寿司桶にご飯がくっつかずに済む。
この上に炊き上がったご飯を入れ、すしのこを混ぜる。

料理上手な人は、すしのこをバカにするが、そういう人にはこう言ってやろう。
どうせ他人が作った酢と砂糖と、他人が干した昆布を混ぜるんだろ。それは「すしのこ」とどう違うのか。
これでほとんどの料理研究家は静かになる。

さらにこう付け加える。
それに、あんたが炊いてるご飯は、誰が作ったコメだい?
これで料理研究家は息絶える。

あとはしゃけやらミョウガををとにかくご飯に混ぜるだけだ。作業中は、扇風機の風を当ててご飯を冷ます。
分量なんて計ってないし、青じそもミョウガも好きなだけである。しいていうと米2合に大き目のしゃけ1切れが目安かな。

最後に、炒りゴマと、青じそを散らして出来上がり。

Myogazushioke Myogazushizoom

コメはもちろん、ミョウガ、ゴマ、青じそ、すべて自家製である。裏の川にしゃけが泳いでいないのが本当に残念だ。

« ディプテレックス販売終了 | トップページ | トウモロコシの状況 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/57012349

この記事へのトラックバック一覧です: 二色のみょうが寿司:

« ディプテレックス販売終了 | トップページ | トウモロコシの状況 »

最近のトラックバック