« 盆栽棚2014 | トップページ | 野良ソバ »

2014年7月15日 (火)

接ぎ木の話

ブルーベリーは自根苗でもよく育つ。だから接ぎ木苗にする必要はない。
だがそれは、広くて、酸性土壌の畑がある場合だ。
限られた場所で、ハイブッシュ系品種をたくさん収穫したいなら、植木鉢でも接ぎ木苗が効果的だ。
接ぎ木苗は寿命が短いという人もいるが、どうせ10年もすれば鉢では育てられない。
持て余した株をよその庭に植え捨てている私にはあまり関係がない。

接ぎ木が面倒という人もいると思う。面倒かどうかは腕の問題だ。リンゴの皮をむくのだって最初は大変だと思うが、慣れれば簡単だ。接ぎ木だって100本くらい練習したら慣れると思う。
石光寺はボタンで有名だが、住職の接ぎ木は手際がいい。

石光寺はボタン(の接ぎ木)でしか知らなかったが、最近はコスプレの撮影会なんかもやっているとか。
おもしろい住職さんだ。

« 盆栽棚2014 | トップページ | 野良ソバ »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/56831772

この記事へのトラックバック一覧です: 接ぎ木の話:

« 盆栽棚2014 | トップページ | 野良ソバ »

最近のトラックバック