« 番犬効果 | トップページ | 魔法の呪文 »

2014年7月 2日 (水)

ひと鉢の収穫量

私はブルーベリーの地植え信者であるが、鉢植えもそれなりにある。
その鉢の数はせいぜい両手で余るほどだが、指の数え方は2進数でお願いしたい。2進数なら指9本で足りる。
とはいうものの、いくらなんでも鉢の数が多すぎる。いずれは減らしたいと思っている。

そのためには、自分が収穫したい量から鉢の数を決めることになる。
だが、そもそもひと鉢でどれだけの実が収穫できるのか。これがわからないことには、蜂の数が決められない。
今年はその手がかりとするため、軒下のChandler(NH)について調査した。
この株は2009年に改良園から購入した接木苗である。10号鉢に植えてあり、今年、我が家で6回目の夏を迎えた。

Bbchandlerpot10

毎年、大粒品種は、摘果と摘粒によって1果房を10粒程度に調整する。
果房の位置などを考慮しないと、実の重みで枝が折れたり、果房が落ちてしまうことがある。
Chandlerだと1粒が5g以上になる。うちは摘粒が厳しいので、1粒が6gを超える。

Bbharvest0623

大きさの違いがよくわかると思う。
今回は果房を10房だけ残して栽培した。

Bbchandlerall

これらは同じ株の果房である。本当は10房あったのだが、写真の都合で9房となっている。10粒の果房だと5g×10粒=50g。50g×10房=500gで、きっちり500gの収穫となる。
これは小さなボウルにいっぱいの量に相当し、うちでは10号鉢における収穫量の目安としている。
もちろん、たったひと株では調査不足だ。

まだ鉢数を減らすわけにはいかない。

うん。

« 番犬効果 | トップページ | 魔法の呪文 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

摘粒されているのですね!かなり手間ではないかと思いますが、KOHさんご自身で、またはお子さんが・・?
そして、摘粒の効果は抜群ですね!
ものすごい大粒にびっくりです。
うずらの卵くらいの大きさでしょうか?
大粒ブルーベリーの写真(with手)、折々アップお願い致します。
見ているだけでうっとり。

摘粒はいつも自分でやっています。
植木鉢は、仕事をしているデスクから、手を伸ばせば届く場所にあるので、気が向いたら摘むという感じです。
小さな実を摘むのも大切ですが、それよりも、風で揺れても落ちないとか、葉に触れて傷付かない房を選ぶことが重要です。

うずらの玉子はちょっと細長いので比較しにくいのですが、ちょうど500円玉の大きさです。
ブルーベリーを育てている人達の間では、500円玉の大きさというのは、わかりやすい目標の一つで、「ブルーベリ 500円玉」で画像検索すると、たくさん見つかります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/56725268

この記事へのトラックバック一覧です: ひと鉢の収穫量:

« 番犬効果 | トップページ | 魔法の呪文 »

最近のトラックバック