« NO学部の子 | トップページ | ブラックベリーDEATH »

2014年7月 7日 (月)

BB収穫Caroline

嫁が職場にブルーベリーを持って行きたいというので、収穫方法を説明して収穫してもらった。
子供たちは品種の特性をきっちりと覚えていて、なんの説明がなくても、一番おいしいタイミングで摘み取って食べていた。
嫁はいちいち説明しないとわからない。
収穫できそうな品種は、Brigitta(NH)、Caroline(NH)、Chandler(NH)、Legacy(SH)あたりだ。
数年前、私は狂ったように接ぎ木をしていた時期がある。よって、どれも接ぎ木苗である。

Brigittaは色付いていたら収穫していい。果柄が短くて、収穫が面倒だが、まあ難しくはない。
Carolineが一番うまいが、いちいち果柄の色を見て収穫しなければならない。果柄が長いから確認するのは楽だ。4鉢もあって、今日の主力品種である。
Chandlerは実が大きい。500円玉クラスだと果柄の先が埋もれている。色がわからないから、勘で収穫するしかない。Chandlerとしてはシーズン終盤だが、最後まで粒がそろっていた。
そんなことを教えながら収穫してもらった。

Bbcrop0707

500gほど収穫したが、見かけが悪いものはその場で食べた。傷が入っている実はワンコたちが食べた。

« NO学部の子 | トップページ | ブラックベリーDEATH »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/56725178

この記事へのトラックバック一覧です: BB収穫Caroline:

« NO学部の子 | トップページ | ブラックベリーDEATH »

最近のトラックバック