« やさしい病気 | トップページ | 緑色のトマト »

2014年6月12日 (木)

痛風 vs ピスタチオ

痛風患者は、プリン体を含む食べ物を避けなければならない。
連日のビールと〆鯖は、痛風のお祭りみたいな食べ物だったらしい。他には、アジの開き、イワシの丸干し、エビ、魚の白子などがやばいとか。

今では何を食べるにしても、プリン体の量を調べてからである。
そういえば、大好物のこいつはどうなんだ。

Pistachio2kg

ピスタチオは、日本語のwebサイトでは情報が見つからない。
しかたがないので英語で調べてみる。痛風は英語でgoutである。グルメがアウトと覚えればわかりやすいな。
gout pistachioで検索したところ、残念な情報が得られた。だがよく見ると、Yahoo!知恵袋のような匿名回答だし、ナッツはダメみたいなアバウトな回答だった。
ナッツはそれぞれ異なる植物だ。まとめてアウトとかセーフとかいうのはおかしい。

プリン体を意味するpurineというキーワードを追加し、改めてpurine foods pistachioで再検索をかけた。
するとピスタチオは、プリン体の少ないナッツであることがわかった。脂肪分が多いことは注意しなければならないが、コレステロールもゼロ。

一時は育てているピスタチオの苗木をどうしようかとも思ったが、これでひと安心である。

« やさしい病気 | トップページ | 緑色のトマト »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/56490958

この記事へのトラックバック一覧です: 痛風 vs ピスタチオ:

« やさしい病気 | トップページ | 緑色のトマト »

最近のトラックバック