« ラズベリーの挿し木 | トップページ | 行商人 »

2014年6月29日 (日)

BB狩り2014

午後から草バスケに出かけたのだが、今日は集まりが悪くて、バスケするには人数が足りない。
バスケは切り上げて、みんなでブルーベリー狩りに行くことになった。
先日オープンしたばかりの愛成いちご園である。
ふだんは料金2,000円のところ、今日はオープン記念で料金半額の1,000円で食べ放題。しかもお土産付き…。

嫁「どうしてそんなことまで知っとるん?」

いや、ブルーベリーのことにはちょっと詳しくてね。うん。
細い農道を走って現地に到着。
ブルーベリーファームおかざきと同じ養液栽培。防草シートまで同じだ。

品種名が書いてない株がほとんどで、特徴がないと品種名はわからない。とりあえず勝手に同定して覚えているのはこんな感じ。

Arlen(SH), Beckyblue(RE), Brightwell(RE)m Brigitta(NH), Duke(NH), Festival(RE), Georgiagem(SH), Misty(SH), O'Neal(SH), Reka(NH), Powderblue(RE), Sharpblue(SH), Spartan(NH), Star(SH)

O'Nealなどは接ぎ木苗になっていた。養液栽培にしては珍しいと思う。
酸っぱい品種、味が濃厚な品種は少ない感じだ。
DukeやSpartanは、そろそろ終わりという時期で、味もボケていた。この日、この園でおいしかったのは、Sharpblueとか、Brigittaだった。
いずれにしろ、我が家のブルーベリーの方がずっとおいしいのだが。

ブルーベリー園は、摘み取り園と呼ばれる買い上げスタイルと、ブルーベリー狩りと呼ばれる食べ放題スタイルがある。
お隣の滋賀県では、食べ放題スタイルが多い。入園料は1,500円前後で、小さなお土産が付くのが普通。ライバルがいないとはいえ、時間無制限2,000円はちょっと割高な感じがする。

名前の通り、本業はイチゴ園で、ブルーベリーは剪定もぜんぜん足りない。実が多すぎて、あれでは大粒な実はならないと思う。

家に帰ればブルーベリーはたくさんある。自分で摘み取ったお土産用ブルーベリーは、全部、他の人に持ち帰ってもらった。

« ラズベリーの挿し木 | トップページ | 行商人 »

自然」カテゴリの記事

コメント

KOHさんのところはやっぱり大分より暖かいのでしょうか。
もう熟れ始めているラビットアイも多いのですね。私が先週見た時はまだモンゴメリくらいしか色付いていませんでした。
イチゴ農園に行ってブルーベリーを摘んでくるところがさすがKOHさんですね。 ^ ^
品種同定は舌で、ですか?葉っぱと樹形からですか?

もちろん外見で判断しています。
出入りの業者でおおよその見当を付けて、その範囲内で判定します。
だからBB園でDukeやSpartanを見分けるのは容易ですが、よそだと区別が付かないです。
ナントカ星やDraperなんかと葉が似てるので。

何度も言ってるような気がしますが、三重県四日市市よりそちらの方が暖かいと思います。
ラビットアイが早く熟しているのは、本数が多いからです。1/10000とかなら、気が早い粒もあるでしょう。
というか、ラビットアイが熟しているなんて、記事には書いてはいないのですが…。

初めまして、こんにちは♪

ブルーベリーの季節ですね。
ご紹介されている愛成さんのいちご狩りは毎年行っております。
ブルーベリーも行ってみたいと思っているところです。

KOHさんのブログは一昨年の
清水さんちのブルベリー摘み取り要員に
私を連れて行って・・・・の記事あたりから
拝読しておりましたが・・・・・
あまりにもご近所過ぎて敬遠しておりました(笑)

バスケットの試合報告・・・・・、
市内の中学校のイニシアルも熟知です^^。

市内には今年、もう1件、ブルーベリー園が
オープンしています。

ライバルが居ないという記述から
ご存じでないのかなぁ・・・と、思い
余計なお節介ながら・・・コメントをしてみました。

園の情報は記事にリンクを貼っております。
既知の情報でしたらごめんなさい。

情報ありがとうございます。
桜BGは新聞にも載っていたので存じております。
記事によると、近くの園児に無料開放などもしているそうで、今年はテスト開園ということでした。それでライバルなしと記載させていただきました。
清水さんの園もそうですが、10年以上前から、住宅地の真ん中で趣味の延長でやっている方とかいて、ネットには出てこないBB園が結構ありますね。

というか、ほんの数日前に記事にしていますね。
http://apis.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-e6e7.html

失礼いたしました。
数日前の記事は見落としていたようです。
ごめんなさい。

うわっ、くゆらさ~ん。(^ ^)/~~~

KOHさんとくゆらさんは近所さんでしたか。
びっくりです。^ ^
超マニックな共通項の多いお二人が今まで接点がなかったことの方が不思議なのでしょうが、実際にこんな形でコメントをされているのは、レアな感じで新鮮ですね。

KOHさん、あの面白ろコメントの達人・くゆらさんへのリコメは空宙回転3ひねりくらいでお願いします。
読者は、もの凄~く興味津々でお二人のコメントを見守っております。(^m^)

>というか、ラビットアイが熟しているなんて、記事には書いてはいないのですが…。

あらっ、本当ですね。確かにどこにも書いていなかったです。

Beckyblue(RE), Brightwell(RE)、Festival(RE), って書かれていたものを勝手に実が青くなっているもののことを言ってるのかと・・。(笑)房総のチベットのあお父さんのところでクライマックスが収穫されていたので、KOHさんのところでもそうなのかと・・。失礼しました。m(_ _)m

KOHさんのところは、そう言えばシャシャンボやキノコがある山が近かったのでしたね。標高は伺ったことがありませんでしたが、どのくらいのところですか?

昨日、久しぶりの畑に行ったらモンゴメリ以外にブライトブルーやフェスティバルなどラビットアイが色付きかけていました。
昨年まではずっとバルトウィンとブライトブルーが一番でフェスティバルとノビリスが最後の方に色付いたのに、今年はフェスティバルが二番目に色付きました。

KOHさんのところもラビットアイ、そろそろでしょう。^ ^

うちのラビットアイは、この一週間でずいぶん色付いています。収穫担当(羽根が生えた方です)は、毎日おなかいっぱい食べていますよ。
ラビットアイの収穫期は環境によってかなり変わるし、言い換えればラビットアイの範囲内であれば、自由に制御できるような気がしています。
Fukuberryの晩生程度なら、Brightwellでできます。
このことはBB園の方も気付いていると思うのですが、多品種を擁するBB園には必要のない技術です。
ネタに困ったら、ツノ丸が卒論のネタにするかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/56687346

この記事へのトラックバック一覧です: BB狩り2014:

« ラズベリーの挿し木 | トップページ | 行商人 »

最近のトラックバック