« 深夜のタネまき | トップページ | CTYのメール設定 »

2014年5月26日 (月)

不敗神話

私はビールを飲みながら、サッカーの試合をテレビ観戦するのが好きだ。
酒の肴は日本代表のユニと同じ、サムライブルーのサバと決まっている。勝って締めるという意味も込めて〆鯖である。
〆鯖を食べながらテレビ観戦するようになってから、かれこれ20試合以上になる。まだ一度たりとも試合に負けたことがない。

先日のことだ。なでしこJAPANは、ACL(アジアカップ)初戦で豪州と対戦した。
私が仕事から帰った時は、すでに後半途中。得点は0-2で負けていた。
大急ぎで缶ビールを開けると、日本の猛攻が始まった。エース大儀見の活躍などで、たちまち2得点。2-2の引き分けに持ち込んだ。ビールと〆鯖おそるべしである。
その後の試合も、私はできるだけテレビ観戦を続け、なでしこJAPANは無敗で予選リーグ1位で通過したのである。

決勝トーナメント初戦、準決勝の相手は中国だった。
うまいビールが飲めるよう、日中は運動をして、試合に備えたいところである。だが、足をどこかにぶつけたらしく、突き指をしたようになっている。
ビールを飲むためならしかたがない。痛い足を引きずりながら、田んぼの草刈りをした。
足を痛めているのは、試合に出ていた澤だって同じではないか。泣き言など言っていられるものか。
試合は延長にもつれ込んだ。このままだとPK戦と思われた試合終了直前、サバ…じゃなかった、イワシさんのヘッドでGOOOOOOOOOOAL!! 日本が2-1で勝利を飾った。

三日後、決勝の相手はまたも豪州だった。
初戦と違い、今回は大儀見が所属チームに戻っている。エース不在の試合となる。
幸い今日は日曜日である。試合開始から、ビールと〆鯖が並んでいる。これがあれば大丈夫だ。
日本は1-0とリードし、その1点を最後まで守り切って優勝した。
なでしこJAPANは、ACL初優勝を飾った。

次の日、私はベンチに座っていた。ピッチ横ではなく診察室である。

「痛風ですね」

申し訳ないが、ワールドカップは私抜きで戦っていただきたい。誰かザッケローニにも伝えてくれないだろうか。

« 深夜のタネまき | トップページ | CTYのメール設定 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

えっと、焼酎ソーダ割りでどうでしょう?

通風、どうかお大事に・・・。(父もそうなのです)

今、ワールドカップのために体調を整えているところです。

勝つためには、やはりビールと〆鯖が必要だと思うので、
焼酎ではなく、なんとか缶ビール1本と〆鯖1切れを…と考えています。

私の兄もそうなんです。痛いでしょう。
だいぶコントロールできたみたいで最近は痛いって言わなくなりましたが、
通風は食事制限が辛いですね。
それにしても、ビールと〆鯖なしではサッカーは・・・?

私が欠けたせいで、日本代表どころか、アジア勢は1勝もできませんでした。
ザッケローニもクビでになってしまい、責任を痛感(別の意味で)しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/56352208

この記事へのトラックバック一覧です: 不敗神話:

« 深夜のタネまき | トップページ | CTYのメール設定 »

最近のトラックバック