« GMOコーン | トップページ | 家族が増えた »

2014年5月 4日 (日)

サクランボ

近所に住んでいるお姉さんが、佐藤錦のタネをまいたら苗ができるかと聞いてきた。
サクランボのタネは難易度が高い。
そのままだと2%、冷蔵庫で積層処理をして、ようやく40%くらいである。
芽が出たところで親品種の特性には及ばないし、受粉樹がなければ実もならないだろう。
そんな説明をしていたら、ふと、うちにあるサクランボのことを思い出した。
植える場所もなく、毎年、植木鉢で実をならせているシナノミザクラ(暖地桜桃)である。

ちょうどいいので押し付けた。今朝まで実が鈴なりになっていたのだが、それは鳥さんに食べられてしまったようだ。
実は小さいが、すぐに実がなるし、ちびっ子が食べるにはちょうどいいだろう。
ちょうど近所に大木があったので、そこに案内して実の大きさなども説明した。
鉢が一つ片付いたのでよかった。

« GMOコーン | トップページ | 家族が増えた »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/56134742

この記事へのトラックバック一覧です: サクランボ:

« GMOコーン | トップページ | 家族が増えた »

最近のトラックバック