« ピスタチオの様子 | トップページ | イニシャルトーク »

2014年5月22日 (木)

斑入り山菜シリーズ

冬に斑入りのミョウガ苗を買ったが、植える場所がなくて、台所の窓際に放置していた。
嫁にはたいそう不評だったが、植える場所もないし、凍らせるわけにもいかない。ここなら常に芽が届き、水切れもない。
そいつは小さなビニールポットから、次々に芽を出して、とうとう出窓の天井に届いてしまった。なんとかしなければ。
そういえば、庭のブルーベリーを里子に出したんだっけ。仕事帰りの電車の中で、そのことを思い出した。
帰宅してから、真っ暗な庭でミョウガを植えた。

▽ここに写真

庭には、斑入りのギボウシと、斑入りのアマドコロと、斑入りのミョウガがあることになる。
いずれも山菜として、おいしく食べられるから、斑入り山菜シリーズである。

そういえば、アマドコロによく似た植物で、ナルコユリという植物がある。
区別しづらい植物だが、どちらも食べられるから心配無用。
茎が角ばっているのがアマドコロで、丸いのがナルコユリである。手持ちの山菜図鑑によると、カクドコロにマルコユリと覚えてしまえばいいそうだ。

« ピスタチオの様子 | トップページ | イニシャルトーク »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/56308594

この記事へのトラックバック一覧です: 斑入り山菜シリーズ:

« ピスタチオの様子 | トップページ | イニシャルトーク »

最近のトラックバック