« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

コレクションテーブル

コレクションテーブルなるものを買ってみた。
テーブルの天板がガラスになっていて、ガラスの下に自分のコレクションを並べて観賞できるというテーブルである。

このテーブルを改造してテーブル筐体を作ってみよう。
引き出しの中に液晶ディスプレイを仕込むだけでいいような…。
まあ、届いてからのお楽しみだ。

2014年1月30日 (木)

LEGO自販機

PETボトルのフタをスキャンして、その色で指定された飲料を出すという自販機を作りたい。
LEGOブロックで。
我ながらいろいろと無謀だと思うのだが、できるかできないか、ぎりぎりのところが楽しいのだ。
そんなわけで、とりあえずコカコーラ系のフタを集めてみた。

Bottolecap

思っていたよりも種類が多くて大変そうだ。
LEGOブロックのカラーセンサで判別するから、よく似た色をしたキャップは判別できないと思う。
たとえばこんなキャップだ。

Bottlecapblue2 Bottlecapwhite2 Bottlecapgr2

ホット飲料のキャップは、オレンジ色で統一されているようだ。同じデザインだから、どれか一つの飲料に決める予定。
それから、水のいろはすは、ボトルが弱いので不採用だな。
よく見ると、Qooのキャップはいろんな顔をしている。

Qooface4

PETボトルには、500mlの普通ボトルと、280ml前後のミニボトルがある。少しでも小さい方が作りやすいので、ミニボトルで作ることにした。

しかしスプライトのミニボトルだけが、どこにも売っていない。スプライトのキャップは、緑色で判別しやすいから、なるべく使いたい。
Amazon.comでようやく見つけてポチったが、24本入り2,250円は高いな。

2014年1月29日 (水)

BB剪定

5号鉢に植えてあるブルーベリーを剪定した。
剪定した枝を挿し木するなら、品種の間違いは絶対に避けねばならない。同じ品種は一度に剪定し、穂木として使う枝はラベルと共にまとめてコップに入れる。
挿し穂の調整は挿し木直前でいい。夜、嫁に見つからないようにやる。

今日は、Biloxi(SH), Blueshower, Fukuberry(RE), Georgiagem(SH), Gulfcoast(SH), Homebell(RE), Magnolia(SH), Menditoo(RE), Ozark(NH), Powderblue(RE)の5号鉢の剪定を終えたが、まだ半分も終わっていない。

それにしても、Fukuberry(RE)とMenditoo(RE)は、いつまでたっても5号鉢である。少し大きくなったと思ったら、必ずコガネムシの幼虫が入ってふりだしに戻る。
それからPowderblue(RE)が多すぎる。いったい何本あるんだ。

写真は後日。

2014年1月28日 (火)

あほ楽天

いまだにテーブル筐体の構想がまとまらない。案は三つある。

(1)市販のテーブル筐体を買って作る。
(2)ガラステーブルで作る。
(3)市販のテーブル筐体と同じ形の物を自作する。

選択肢(1)は予算5万円で、コインシューターと液晶ディスプレイまでが目標。
選択肢(2)は予算は自由である。しかし私が欲しいガラスのテーブルがどこも売り切れで困っている。
私がテーブルを探していることを察知した楽天は、売り切れた商品のバナーばかりをこれでもかと言わんばかりに表示してくる。同じショップの同じ商品だ。そのせいで、他のショップの在庫がある商品にたどりつけなくなっている。楽天はバカなのか。

Rakutentable_2

話を本題に戻そう。
選択肢(3)は不可能ではないが、かえって高く付くのは間違いない。しかし木工がしたくてたまらないので、いざとなったら工具だってそろえる覚悟である。

それからテーブル筐体の中に入れる物も決まっていない。

(1)JAMMA規格のゲーム基板を入れる。
(2)パソコンを入れる。
(3)PlayStationなどのゲーム機を入れる。

私の場合、ゲームをしたいのではなく、テーブルの上でハンダ付けしたり、焼きそばを食べたいだけだ。
ゲームはただの雰囲気作りである。
PC+STeamでNBA2K14でも動かすか、あるいはSEGA SATURNを内蔵して、大好きなNights専用機にしてもいいかな。
いずれの場合も、表示部分はブラウン管ではなく、液晶ディスプレイにするつもりだ。

2014年1月27日 (月)

宝探し

何日も考えたが、ROW→COL型のマトリクスLEDは、ダーリントンシンクドライバでは点灯できないと思う。
では、ソースドライバならできるのだろうか。持っていないけど。

手持ちのICの中から、3-8デコーダと呼ばれる74HC238、あるいは74LS238を探すことにした。
74LS238というICは、3PINのON/OFFで000~111を与え、これを8PINの00000001~10000000に変換するICだ。
ロジックICは別電源だから、きっと弱い電流も強くなる…ような気がする。
このICの山から、目的のICを探さねばならない。

Junk74hc

だが、目的のICはなかった…。

2014年1月26日 (日)

草バスケ

大人 vs 中学生で試合をやった。
7QTやったが、1点差で負けた。

2014年1月25日 (土)

マトリクスLEDのオススメ

マイコンでマトリクスLEDを点灯しようと思うと、マイコンのピンの電流だけでは、ちょっと不足気味になる。

今使っているマトリクスLEDは、ROW→COLの向きに電流を流すものだった。
このタイプの物をマイコンに直結すると、ピン1本でROWからLED8個分の電流を流すことになるから、点灯しても暗くなってしまう。ただ暗いままでもプログラミングには支障がない。
ソフトウエアもほぼ完成したので、あとは明るく点灯させるだけだ。
さて、どうやればいいんだろう。

弱い電流を、強い電流にするならトランジスタだけど、8個も並べるのはウンザリだし、ブレッドボードのスペース的にも難しい。トランジスタアレイみたいな部品はないのか。
このマトリクスLEDが、ROW→COLではなく、COL→ROWだったらダーリントンシンクドライバ一つで点灯できるのに。

Matrixled

しかたがない。他のICを探すことにしよう。

2014年1月24日 (金)

FedExすげー

香港から電子部品が届いた。ブレッドボード用のジャンパワイヤである。
米国からはブラックベリーのラベル。

Rubusnatchezlabel

それにしてもFedExって速いな。出荷されたのは昨日。それが、今日届くなんて。あ、時差があるからか。

せっかくなので、Natchezの家系図(?)をどうぞ。

Natchez

いかにもトゲなし品種といった家系図である。

2014年1月23日 (木)

アンコール

ヤフオクでテーブル筐体の材料を探していたはずだず、なぜか、T-ARAのタオルを落札してしまった。バスケ用のタオルとして使うとするか。

T-ARAの日本武道館でのコンサート。アンコールのとこからどうぞ。

アンコール前に、巨大ビジョンで流れている映像からスタート。
T-ARAのみんなは舞台裏に下がっているのだけど、その間に、ファンの人達がサプライズでメッセージカードを用意した。そこには、

T♕ARA 3周年おめでとう」

それを見たメンバーが泣いてしまうというお話。
ちなみに私はファンのつもりだが、メンバーの名前は一人もわからない。

2014年1月22日 (水)

センター試験の結果

ツノ丸が先日のセンター試験を自己採点した。結果はD判定で、ボーダーにも届かなかった。

A = 安泰やな
B = ビミョー
C = ちょっと無理ちゃう
D = ダメ元
E = え、冗談キツイわ

普通なら不合格だが、ツノ丸の成績は生物偏向なので、これで計算通りである。志望校も変える気はない。個人的には射程距離に入ったと見ている。
ただし浪人は許さないので、不合格だったら二次で地元の大学に行く予定だ。

2014年1月21日 (火)

Prime-Thornless

二期なりのトゲなしブラックベリーがようやくリリースされそうだ。品種名は正式登録されていないが、Prime-ARK Freedom という。
米国では、ソーンレスと呼ばれる、トゲなしブラックベリーがたくさん販売されている。
(これは日本でも流通している。ただしソーンレスを品種名と勘違いしたり、挙句の果てにソーレンスと名乗っていたりする。)
米国では、半立性のブラックベリーも販売されているし、二期なりのブラックベリーも販売されている。
しかし、それらをすべて兼ね備えたブラックベリーは、まだ流通していない。

キイチゴは原則、昨年に伸びた枝に実を着ける。
今年伸びた枝はプリモケーン(primocane)、二年目の枝はフロリケーン(floricane)と呼ぶのだが、二期なり品種には、プリモケーンに実を着ける性質が必要になる。

こちらを見ていただきたい。

ARKはアーカンソー大学、Primeというのは、二期なり(primocane-fruiting)品種に付けられたブランド名みたいなものである。

この動画から、重要なことを読み取ることができる。
それは英語がよくわからない私が、説明を動画に丸投げしたということである。

2014年1月20日 (月)

コーヒーの効果

うちの家族はコーヒー好きである。子供はインスタントだが、大人はドリップ式というルールになっている。
嫁が飲んでいるコーヒーは砂糖も入っていないので苦くてまずい。砂糖も入っていないなんて、貧乏くさいコーヒーである。
私は嫁がコーヒーを作った出がらしでコーヒーを作る。アメリカンってやつだな。これに砂糖をたっぷり入れて飲んでいる。
大体、あれだ。コーヒーに砂糖を入れない奴というのは、砂糖入れない俺って大人だろとか、そういう見栄を張って苦いコーヒーを飲んでいるだけだろう。

まあコーヒーの飲み方なんてどうでもいい。私にとって大切なのは、コーヒーを入れて残った粉の方である。
これを鉢にまくと、コガネムシが入らないのだ。
Kシートを敷くことができない鉢には、必ずコーヒーかすを敷いている。
効果があるとは思っていたが、昨年、ちょっとした実験をやってみた。
何も敷かずに育てていたブラックベリーを鉢から抜いた結果がこれ。

Kogane27

たった1鉢抜いただけである。Kシートやコーヒーかすで、産卵できる鉢が限られていたとはいえ、多すぎるだろ(怒)。
コーヒーかすは土に混ぜても効果がないと思う。土が見えない程度に敷き詰めるのがいいようだ。

2014年1月19日 (日)

太ネギ

我々は家族で草バスケ、ツノ丸だけがセンター試験の二日目。

バスケが終わった後、夕食にすき焼きをすることにした。
ウズ丸は太いネギが大好きで、自分で太ネギを育てている。今日はそれを食べることにした。
一番太いものは、直径6cmもある。この太ネギを輪切りにして、すき焼きに入れたが、ものすごい存在感である。あまりにも太いので、なべ底から垂直に立っている。
食べてみるとものすごく甘い。まるでスイートコーンのような味だ。
これはうまい。今年も育てるとするか。

Leekshimonita

夜、ツノ丸はセンター試験の自己採点をしていた。どうやら東大は無理らしい。

2014年1月18日 (土)

センター試験

ツノ丸は朝からセンター試験のために某大学へ。会場となる大学は、はツノ姉が毎日通っている大学である。
ツノ丸たちの先生は、ポケットマネーで生徒全員にキットカットを配ってくれた。生徒たちは「きっとカット(足切り)って意味か!!」とか言っていたが。

Kitkatbox

ちなみにツノ姉の母校の先生たちも、鉢巻をして応援に来ていたそうだ。

私はこの日、名古屋で仕事をしていた。今日の仕事は審査員。これからしばらく休日はイベントで埋まっている。

2014年1月17日 (金)

Century LCD-8000V

Century LCD-8000Vという8インチLCDの中古品が、Century直販で送料込み1万円だった。
こいつはX680x0にそのまま接続できるらしいから、念のために買っておこう。
とりあえず動作確認のため接続してみた。

Lcd8000vgradius

右に写っているのは、DELLのWindowsPCだ。このLCD-8000Vは、USBから電源を供給する仕掛けになっているので、それだけのために並べてある。
LCD-8000Vとキーボードは、デスクの下にあるX68030に接続されているのだが、大きさがわかるよう、隣にX68000compactXVIを置いてみた。
ゲーム画面はキレイに映ったが、768×512ドットだと、若干切れる部分がある。

Lcd8000vcompare

小さくて便利だから、イベントでも重宝するだろう。。

2014年1月16日 (木)

テーブル筐体

電子回路の仕事が増えてきたので、部屋にテーブルが欲しい。
以前から欲しかったテーブル筐体を買うのもいい。
テーブル筐体というのは、昔、1980年代の喫茶店によく置いてあったゲームができるテーブルのことである。
三木商事というお店で、筐体をレストアしたものを販売している。
ここで扱っている筐体は、ブラウン管をLCD(液晶ディスプレイ)に変更しているので理想的だ。

これを自分で作るというのはどうだろう。中古品を購入して修理すると10万円以上の費用がかかるらしい。結果的に高く付く。
私にとってゲームはあまり重要ではない。中身はパソコンでも構わないし、レトロな雰囲気が重要とも思っていない。そのテーブルで食事とハンダ付けができればいい。
ならばいっそガラスのテーブルを買って、LCDをハメ込んでしまえばいいかもしれない。
案の定、既に作っている人がいた。

うん。これだよ。これ。

というわけで、ガラスのテーブルを検索しているところだ。
コレクションテーブルというキーワードで検索すると、いくつか見つかるのだが左右が90cmくらいで、前後が50cmと横に長いものが多い。ちょっとイメージしていたものと違う。
結局、本物サイズ(76×56cm)のガラスを買って、木工を始めてしまうかもしれない。

2014年1月15日 (水)

今年も輸入

米国のナーセリーに、ブラックベリーの苗を注文した。

2014年1月14日 (火)

中国品質

中国からブレッドボード用のジャンパワイヤが届いた。
オス-オスを注文してあったのだが届いたのはメス-メスのジャンパワイヤだった。
苦情のメールを入れると「入れ間違えたかもしれない。ご了承ください」という返事が来た。どうやら交換する気もないようだ。さすがである。
まあ、こちらも返品交換するよりも注文し直した方が安いのだが。

▽ここに写真

じつは品質は悪くなかった。ただ届いた品物がちょっと違っただけだ。

2014年1月13日 (月)

マンガの富山

全国高校サッカーは、三重が敗れた富山を応援していたが、石川が圧倒して優勝だと思っていた。
試合は私が予想していた通り、後半の残り3分まで石川が2-0でリード。サッカーなら、あきらてもいい点差である。

しかし、ここで奇跡の同点劇が起こって延長戦へ突入した。
延長戦は10分×前後半。その延長戦が残り数分となった頃に、マンガのようなGKがウォーミングアップを始めた。
富山はPK戦を想定し、このGKのために交代枠を一つ残してある。

試合時間が残り1分になった頃、ボールがラインを割って富山のスローインとなった。
しかし、ここでまた富山はマンガだった。
富山の選手が投げたボールは、ありえないロングスローで一気にゴール前。それをゴールにぶち込んで逆転ゴールとなったのだ。
こんなに遠くまでボールを投げたのは初めてだったとか。そりゃそうだな。こんなことができるとわかっていたら、いつも使っていたはず。

マンガGKの登場を楽しみにしていた私としては少し残念な気持ちもあるが、結果オーライ。
私の予想を覆して富山が優勝した。

2014年1月12日 (日)

ハクキンカイロ

子供の頃、白金カイロという物を使っていた。
白金とはもちろんプラチナのことである。気化したベンジンを、プラチナの触媒作用で炎なく燃焼させる仕組みのカイロである。
最近はあまり見かけなくなったが、数年前にネットで偶然、ハクキンカイロなるものを発見したので買ってみた。
燃料のベンジンを入れて、マッチで火口を少し温めれば、24時間、使い捨てカイロの何倍もの熱を出す。

Kairoset Kairohokuchi

慣れてくるとわかるが、火口のところにはマッチの炎を軽く近づけるだけでいい。火口が一瞬でも暖かくなれば、火で赤くなることもなく、ベンジンがなくなるまで発熱する。
燃料のベンジンは薬局で買うのがオススメ。通販で取り寄せていると、あまり経済的とは言えないが、使い捨てカイロよりは安上がりだ。
緊急時には、Zippoライターのオイルで代用できる。代用といっても危険性はない。ただ値段が高いというだけである。コンビニでも手に入るから覚えておくと便利だ。
そもそも、このZippoからも、ハンディーウォーマー オイル充填式カイロという商品が発売されているし、その燃料はZippoライターのオイルである。

ハクキンカイロの長所は経済的であることと、発熱が大きいこと。使い捨てカイロと違って、そこらに放置しても熱いままである。
短所はベンジンの匂いが気になることだ。胸ポケットに入れて机に向かうと、ちょうど顔の下で匂いがするので最悪。ズボンのポケットなどに入れるといい。

2014年1月11日 (土)

マンガのGK

今日は全国高校サッカーの準決勝。三重県代表の四中工も勝ち残っている。
入試直前だというのに、家族全員でテレビ観戦である。
2-2で迎えた後半45分。相手チームはGKの選手交代。なんと公式戦初登場という選手である。どうやらPK専門のGKらしい。
試合は2-2のまま、PK戦へと突入した。
四中工は、この選手にシュートを止められて決勝進出を逃した。
なんだコイツは。四中工が負けたのは残念だが、マンガみたいでカッコいいじゃないか。

決勝戦は石川県vs富山県という奇跡のお隣対決である。
きっと石川県の圧勝だろう。

2014年1月10日 (金)

国内注文

秋月電子でPIC16F1827×10、ピンソケット×20、ブレッドボードなどを注文した。
時間が遅かった上、明日から土日、そして祝日である。火曜日に発送してもらって、自宅に届くのは水曜日か。
木曜日に会社に持って行くとすると、作業の予定としてはギリギリである。

今回注文したブレッドボードは、EIC-333というボードである。このブレッドボードのいいところは、100円のプラケにきっちりと収まることである。

写真は後日。

2014年1月 9日 (木)

フェイジョア新品種

今年度、日本で販売されるようになったフェイジョアの新品種といえば、GoldenGooseと、WhiteGooseの二つ。
日本の販売サイトでは、いずれも詳しいことは載っていないが、この品種を育種したニュージーランドのwebサイトでは詳しく解説されている。
私はこれらの品種をニュージーランドから輸入しようと思っていたのだが、おかげで輸入せずに済んだ。
我が家のフェイジョアはこれで3品種。そろそろ品種名を覚えやすいように、イニシャルで単語を作って、順に並べて植えたいところだ。
我が家にあるのはApolloとTraskだから、GoldenGooseを買って、GAT(ピストルの俗語)かTAG(荷札)の順番で植える予定である。
ちなみにGoldenGooseの果実は、見た目が黄色をしているので、品種を間違えることはないと思う。
フェイジョアは、ブルーベリーと違って'K'の文字で始まる品種が豊富である。だからブルーベリーではできなかった組み合わせも可能になる。
たとえば、

  • AKB = Apollo, Kakapo, Bambina
  • PKO = Pounamu, Karamea, OpalStar

なども実現可能だし、ブルーベリー同様に、

  • ATM = Apollo, Trask, Mammoth
  • DOG = Den'sChoice、OpalStar、Gemini
  • GDP = Gemini, Den'sChoice, Pounamu

といった組み合わせも容易である。

2014年1月 8日 (水)

挿し木開始

嫁が寝たのを見計らって、今年初めての挿し木タイムである。
Biloxi(SH)、Delite(RE)、Georgiagem(SH)、Magnolia(SH)を挿し木した。
いずれの品種もとても品質のいい果実を持つが、BiloxiとMagnoliaはひどく開帳性で、Georgiagemは裂果がひどい。そしてDeliteは収穫が少ない。
このような理由により、我が家ではリストラされた品種である。

しかし、親株を処分する前に挿し木した苗が生き残り、大きな鉢に鉢上げされて、庭の片隅でひっそりと大きく育っていたのだ。
それをちゃんと剪定し、剪定をした枝をいつものように挿し木したというわけだ。
DeliteとBiloxiにいたっては、8号鉢で成木に育っている。こんなに大きくなるまで、よく育ったものだ。
植木鉢もいっぱいになっているし、今年は地植えする予定だ。

2014年1月 7日 (火)

ブルーベリーの挿し床

ブルーベリーの挿し木をするために、挿し床を作った。
私が使っているブルーベリーの挿し床は、75mmのビニールポットを15個、パレットにびっしりと並べたものだ。
用土はタダで手に入る川砂とピートモス。1ポットに2-3本を挿し木して、活着しなかったものを抜き捨てる。
15ポット×6パレット=90ポットを用意した。

年末のフラッシュモブがいい仕事をしてくれたようなので、調子に乗ってもう一つどうぞ。
今回は横浜のよつばこ。

うちの訓練兵たちが参加するイベントも職場公認だが、こういうことを後押ししてくれる職場は楽しいと思う。

2014年1月 6日 (月)

ブラックベリー鉢上げ

挿し木していたブラックベリーを鉢上げした。
ブラックベリーの挿し木は難しいという人がいるが、そんなことはないと思う。
今回は12本挿し木して10勝2敗だった。2敗の内、1本は完全に枯れているが、もう1本はカルスが盛り上がっている。ほっておけば、これも根が出ただろう。
品種はTripleCrownとNetchezである。
挿し木は三度目で、いつもこれくらいの成功率だ。挿し木が難しいというのはガセネタだと思っている。
そこらの川から採ってきた砂をパレットに入れ、挿し穂をぷすぷすと挿して、明るい日陰に放置していただけ。難しいことは何もしていない。

発根した苗を鉢上げしたので、挿し床に使うパレットが空いた。川砂を少し足して、ラズベリーのCarolineを挿し木することにした。
ラズベリーの挿し木は初めてなので、日本のサイトで情報を集めようとしたが見つからない。
そこで海外のサイトを検索したところ、たくさんの情報が見つかった。株分けや根伏せと共に、挿し木についても繁殖ができると書いてある。
まあ、どうせ成功するだろう。

2014年1月 5日 (日)

マトリクスLED

昨年の12月中旬に、海外からたくさんのパーツを輸入したのだが、これが毎日のように届いている。発注してから3週間ほどで届くようだ。
パーツには不良品も混じっているが、安いし送料も無料である。

今日届いたのは、フルカラーのマトリクスLEDである。
注文時にわかっていたのは、大きさ50mmということだけで、型番すら記載されていなかった。
届いたのはMADE IN CHINA.の製品だった。

とりあえず点灯させて動作確認をしてみよう。
LEDの裏には19885RGBという印刷があった。型番がわかれば、データシートも手に入る。

こちら→データシートをダウンロード

このLEDには、8ラインと、RGBそれぞれに8ピン、合わせて32ピンもあるから、手持ちのマイコンボードでもっともピン数が多いM16Cでテスト回路を作ることにした。
マトリクスLEDはよく使うので慣れたものだ。配線に1時間、プログラミングに10分ほどかけて、できあがったのがこれ。

Matrixledcolor

このLEDはマイコンのピンを32ピンも使ってしまうので、PICマイコンで作り直すのは困難だ。
しかしLED制御に専用ICのMAX7219を3個使えば、ピン数を節約できる。そのうちやってみたい。

2014年1月 4日 (土)

書初め

年末にブルーベリーの挿し木に使うビニールポットを使い切ったので、
ホムセンで75mmビニールポットを200個買ってきた。
ビニールポットが手に入ったら、次は書初めをしておこう。

Austin, Austin, Austin, Austin, Austin...
Baldwin, Baldwin, Baldwin, Baldwin, Baldwin...
Columbus, Columbus, Columbus, Columbus, Columbus...

園芸用ラベルは鉛筆書きできるものがいいと思う。
鉛筆の色は日光で褪せることがないし、消しゴムで文字を消せば、ラベルの再利用もできる。

2014年1月 3日 (金)

BB里子

従弟への年賀状に「ブルーベリーの苗木あげます」と書いてみた。
従弟はミカン農家をやっているのだが、車で苗木を取りに来た。

いくらなんでも正月に来るのは頭が悪い。案の定、うちの子供たちや甥や姪5人にお年玉を配るハメになった。大きな出費である。
8年生のBlueshower(RE)、Tifblue(RE)、6年生のPowderblue(RE)などを、圧縮ピートモス1cu付きで里子に出したが、お年玉の合計でSavoryでもVernonでも買える。

今日も姪にバスケを教えた。たった一日だけど、ずいぶんうまくなった。
家でもできる練習を教えておいたが、自分で練習するような性格なら、すでにレイアップくらいできるはず。
きっと家では練習しないだろう。

2014年1月 2日 (木)

初バスケ

メタボ対策ということで、ウズ丸と1on1をした。初バスケである。
今日のハンデは、ウズ丸だけセットシュート禁止というもの。このルールは効果的で、試合は私の勝ちだった。
勝つには勝ったが、新年早々、私はウズ丸のヒジが入って口の中を切ったし、眉間からも流血した。

ウズ丸が高校でバスケを続けるためには、ジャンプシュートの精度を上げないといけない。セットシュートを禁止しておけば、その練習になるだろう。

夕方、小学5年生の姪のためにバスケットゴールをミニバスケの高さに下げた。
姪のプレイを見たのはお盆以来だが、いまだにレイアップもできないし、身長も低い。正直なところずいぶんヘタだ。
だったらウズ丸と同じように早打ちした方がいい。それだけを徹底的に教えてみた。

2014年1月 1日 (水)

迷惑犬

妹家族が帰省してきた。面倒なことに家で飼っている犬もつれてきた。大きなシェパードで、実家の両親だけでは世話ができないとのことだ。
きちんとした警察犬の訓練を受けているというが、我が家のバスケットボールをかみ破ったこともあるし、私にも噛みつこうとしている。
うちの犬たちを見たら、追いかけてかみ殺しそうだ。我が家では出入り禁止にした。
このバカ犬は三日間はワンボックスカーの中で暮らすことになった。車の中には大きなケージがあって、朝晩はきちんと散歩につれて行く。

うちのコービーは通路に植木鉢を置いただけで逃げないのだが、このバカ犬は塀でも飛び越えそうだ。
車の中をのぞき込む人がいると吠えるし、その音で防犯センサーが鳴ってうるさい。防犯センサーのスイッチを切っても、夜中にドラマで聞いたような声で遠吠えする。
我が家には利口な番犬が2頭いるから、張り切ってもらう必要はないのだが。

地元の神社へ初詣に出かけたら、シェパードをつれて来ている人がいた。
そのシェパードは、飼い主の横に座って、みんなに頭をなぜてもらっていた。こんな犬だったら良かったのに。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

最近のトラックバック