« 紅妃うまい | トップページ | イニシャルBB »

2013年12月 2日 (月)

鳥セブン

その昔、米国での話。ブルーベリーの品種は整理されておらず、混沌としていた。それはあかんということで、1960年に、BigSevenと呼ばれる推奨品種が制定された。
Berkeley, Bluecrop, Blueray, Collins, Coville, Earliblue, Herbertの7品種である。
これは当時、大粒だった7品種を選んだようだ。このあたりのことはマニアには常識らしい。
というわけで、私もやってみることにした。Big...ではなく、Bird Sevenを選んでみた。

  • Bluejay(NH)=ルリカケス
  • Bobolink(SH)=コメクイドリ
  • Chickadee(SH)=シジュウカラ
  • Kestrel(SH)=チョウゲンボウ
  • Meadowlark(SH)
  • Raven(SH)=カラス
  • Takahe(RE)

Meadowlark(SH)はヒバリっぽい鳥の名前だが、和名がないような気がする。Google先生に聞いたところ、牧場鳥との回答があった。なんだそりゃ。
Takahe(RE)はニュージーランドの鳥の名前。キウイに似た飛べない鳥だ。
Kestrel(SH)はチョウゲンボウという猛禽類で、小鳥などを食べる。こんな品種だったら、ブルーベリーの実を食べるヒヨドリも、怖くてブルブルと震え上がるに違いない。(Bulbul=ヒヨドリ)
そういえば、ブルーベリーにはQで始まる品種がないんだっけ。誰か矮性品種を作ってQuail=ウズラって名前を付けてくれないだろうか。

そもそもナントカブルーって名前は、もう米国では時代遅れ。最近の品種にはそんな名前は付いていない。
NZだと逆にブルーナントカっていう名前がはやっているみたいだが。

この鳥セブンは入手しにくい品種が多い。すべてを庭に植えるのは、ひじょうに困難だと思われる。
しかも植えたところで、Takahe(RE)は交配相手がいないから、実がならない。

« 紅妃うまい | トップページ | イニシャルBB »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/54261573

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥セブン:

« 紅妃うまい | トップページ | イニシャルBB »

最近のトラックバック