« 重機のミョウガ | トップページ | マルツで買い物 »

2013年12月18日 (水)

LD-1088BHGの解析

香港から、マトリクスLEDが届いた。8×8ドットの2色LEDで、中国製のLD-1088BHGというものだ。
48×48mmのマトリクスLEDは、ブレッドボードで扱いにくい。そこで30×30mmのマトリクスLEDを買ったというわけだ。
新しい製品らしく、ネットにも情報がない。簡単なテスト回路を作って仕様を調べることにした。
まずは6.0V---R510---pin1---pin?---GND で実験したしたが、どれも点灯せず。
今度は±を変えて、GND---R510---pin1---pin?---6.0V で実験した。
すると、row1のcol5が緑(黄緑)で点灯した。

●●●●○●●●
●●●●●●●●
●●●●●●●●
●●●●●●●●
●●●●●●●●
●●●●●●●●
●●●●●●●●
●●●●●●●●

これだけわかれば十分だ。このLEDは中国製。どうせ有名メーカのコピー品に決まっている。
あとは有名メーカのLEDの仕様書から、同じ仕様の製品を探せばいい。
調べたところ、PARA LIGHTのA-3880EGの互換品ということがわかった。A-3880EGのデータシートならどこにでもある。

« 重機のミョウガ | トップページ | マルツで買い物 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/54405639

この記事へのトラックバック一覧です: LD-1088BHGの解析:

« 重機のミョウガ | トップページ | マルツで買い物 »

最近のトラックバック